良い睡眠のための起きている日中の行動

ぐっすり深く寝るには、日中の起きている間の行動が大切。

深い睡眠を得るための生活習慣をまとめてみました。

【睡眠関連、日中の行動以外のまとめ】
枕の工夫
目覚まし時計の工夫
睡眠時無呼吸症候群
・睡眠負債

スポンサーリンク

眠りに良くない生活習慣

朝日をあびない、運動不足、午後3時以降の昼寝、短い入浴時間、お酒、スマホ。

ゲンキの時間 眠りが浅い日中の良くない行動は?

朝の望ましい生活習慣

起きたら、朝日を浴びる。

洗顔時に、手を冷やす。

朝食にみそ汁を食べる。時間がないときはバナナを食べる。

金スマ 今晩からできる睡眠負債の解消方法
世界一受けたい授業 ぐっすり寝るために朝はみそ汁、夜はトマト
あさイチ セロトニンアップ術 朝日をあびて、同じ方向をみて喋る

日中の望ましい生活習慣

夕方、軽い運動をする。

肩甲骨周りのストレッチをする。

主治医が見つかる診療所 睡眠ストレッチで深部体温のリズムをつくる

夜望ましい生活習慣

寝る90分前に入浴する。

事前に布団乾燥機で布団を温めておく。

寝る1~2時間前には50ルクス前後の明るさにする。

スタンフォード式最高の睡眠をとるための4つの行動 – 今でしょ!講座
あさイチ 睡眠SP 週末に2時間以上多く寝るより週中に30分でも多く連続して寝る
あさイチ 睡眠と照明 寝る1~2時間前から50ルクス程度に暗くする

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ