目覚まし時計の工夫

朝気持ちよく起きるには、実はいろいろな工夫が可能です。

今ある目覚まし時計の使いかたを工夫したり、音以外の刺激によって目を覚ます方法など、あなたにピッタリのすっきりした方法が見つかりますように。

【関連まとめ】
枕の工夫
睡眠時無呼吸症候群
日中の行動

スポンサーリンク

光目覚まし時計を使う

太陽光に近づけた人工光で起きる。

フィギュアスケートの坂本花織さんが早起き対策として使っているのも、光目覚まし時計では?

朝のコンディション調整法 目覚まし時計よりタイマー付きライト
坂本花織、“早起き対策”に「照射器」導入 「スーって起きられて目覚めは良い」(スポーツ報知)

目覚まし時計の音量を小さくする

耳を澄まさないと聞こえないくらいの音量して、起きたい時刻の15~20分前から鳴り続けるようにする。

それで起きられるか心配な場合は、保険で大きな音の目覚まし時計もセットする。

ガッテン!朝の目覚めの新常識 目覚まし時計にする工夫って?
Rの法則 寝坊脱出大作戦 目覚めのゴールデンタイムとは?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ