モーニングショー 口腔フローラ改善にスーパー乳酸菌「ロイテリ菌」

6月7日の「羽鳥慎一モーニングショー」で、体に良い菌を積極的に取り入れる菌活が特集。

善玉菌の働きをまとめ悪玉菌を抑制するスーパー乳酸菌としてロイテリ菌が紹介された。

解説してくれたのはお茶の水長寿健康クリニックの白澤卓二先生。

スポンサーリンク

乳酸菌ってどんな菌?

発見されている乳酸菌は約400種類で、自然界のあらゆる場所に生息している。

発見された場所によって大まかに3つに分けられる。

・乳由来・・・チーズ、ヨーグルトから発見
・植物由来・・・味噌、醤油、漬物などから発見
・ヒト由来・・・人の体内から発見

目的別乳酸菌

目的別にとるべき乳酸菌が変わってくる。

内臓脂肪の減少には、ガセり菌。

風邪・インフルエンザ予防には、R-1乳酸菌、シールド乳酸菌。

血糖値上昇の抑制には、クレモリス乳酸菌。

肌フローラのバランス維持に、プラズマ乳酸菌。

スーパー乳酸菌「ロイテリ菌」とは?

ロイテリ菌は、人間の母乳から発見された乳酸菌。

多くの善玉菌と共存しまとめ、悪玉菌の発育を抑え、特に口内フローラを整え、虫歯菌や歯周病菌を減らしてくれる。

口は万病の元、口の中には虫歯菌や歯周病菌など、いろいろな菌がいる。

この虫歯菌や歯周病菌が、血液や唾液で体中に拡散すると、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、認知症などさまざまな病気の原因になる。

もともと口の中はばい菌だらけなので、バリアがあって毒素が血液の中に入らないようにしている。

ロイテリ菌など良い菌がバリアを作っているが、それが少なくなってくるとバリアが働かなくなる。

関東エリアでは店で買える

オハヨー乳業のロイテリ菌入りのヨーグルトは、関東エリアでは店で売られている。

ネットでは、サプリ・タブレットが購入できる。

寝る前に、タブレットを噛まないでそのまま口のなかに置いておく。夜中に口腔フローラを改善していけるように設計されているのだそう。

以前、ワールドビジネスサテライトホンマでっか!?TVで紹介されていたときに比べて、アマゾンでロイテリ菌で商品検索したときの種類も増えてきているので、もう少ししたら購入しやすくなるかな。

歯医者さんでも処方(?)してもらえるみたいなので、歯石を取ってもらうときに聞けるように予約の電話をしようっと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ