世界一受けたい授業 デブ菌に酢キャベツ

4月21日の「世界一受けたい授業」で、太りやすい人と太りにくい人の違いとして、腸内の“デブ菌”が取り上げられた。

デブ菌の簡単チェック法や、その撃退メニュー・酢キャベツの作り方や簡単な運動が紹介された。

教えてくれたのは、デブ菌の名づけ親・藤田紘一郎先生。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 やせ菌を増やす水溶性食物繊維

スポンサーリンク

デブ菌とは?

デブ菌として紹介されたのは、フィルミクテス門という菌。

糖や脂肪を溜め込む性質があるため、少ない食べ物でも大量のエネルギーを吸収し、太りやすい体になる。

腸の中には、善玉菌・悪玉菌と、そのどちらとも言えない日和見菌がいる。

日和見菌のうち、脂肪をため込む性質のいわゆるデブ菌と、脂肪を燃焼してくれるヤセ菌が存在する。

悪玉菌が多くなると、日和見菌のなかでデブ菌が増殖し、この状態でダイエットを続けていても効果なし。

一方、善玉菌が多くなるとヤセ菌が増殖。痩せやすい体になるという。

デブ菌チェックリスト

・少食なのに太っている
・ダイエットをしても成果が出ない
・発酵食品があまり食べない
・風邪をひきやすい
・肌の調子が悪い
・運動あまりしない
・大便・おならがすごく臭い
・便秘がち、あるいは下痢をすることが多い

4つ以上当てはまると、デブ菌が増えている、あるいは増える可能性が高い。

検便でチェックする方法として、スリムチェックという専用キットが紹介。

便を送ると、約3週間でヤセ菌とデブ菌がどのくらいあるかの結果が送られてくるという。

酢キャベツの作り方

揚げ物やスナック菓子を食べ過ぎるのは、デブ菌にエサをあげるようなもの。

食物繊維が多く、低脂肪食事を取り入れることで、ヤセ菌が増えていく。

デブ菌撃退メニューとして「酢キャベツ」が紹介。

その作りかたは

(1)キャベツ1/2個を千切りにして、塩小さじ2をくわえて、しんなりするまで揉む

(2)お酢(200ml)を加え、軽く揉む

(3)冷蔵庫で、半日漬け込む

キャベツに多く含まれる食物繊維が、デブ菌の繁殖を抑える働きがある。

さらに、お酢は悪玉菌の過剰繁殖を防ぐことが期待できる。

毎食100g(小皿1杯)を食べるのが理想。

みそ汁にいれたり、ハンバーグを作るときに玉ねぎの代わりに加えたりするレシピが紹介された。

ぐにゃぐにゃスカイツリー体操

足を肩幅に開き、腕を上げ、息を吸いながら手を交差させる

ポイントは、肩甲骨を引き寄せるように、腕を伸ばすこと。

その状態で、息を吐きながら左に一回、右に一回、前に一回倒す

腸を伸ばすようなイメージで、しっかり体を伸ばすことが重要。

これを1分ほどやると、腸が活性化するという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 間違ったストレス発散法とうつ病予防のバンザイストレッチ ・世界一受けたい授業 デブ菌を減らす酢キャベツの作り方 ・世界一受けたい授業 日本に迫る7つの危機 気象病 […]