ヒルナンデス!驚くべきわかめパワー 美肌には納豆と、むくみには切り干し大根と

4月19日の「ヒルナンデス!」で「グッバイ体脂肪?驚くべきわかめパワーとは?」と題して、3~5月が旬のわかめの食材パワーが紹介された。

解説してくれたのは、小林玲子先生。

【関連記事】
ヒルナンデス!大ヨコヤマ貯金箱 住宅ローンは無理に繰り上げ返済しない

スポンサーリンク

グッバイ体脂肪?

20~50代の女性21人に乾燥カットわかめを1日4g、2週間食べ続けるてもらったところ、約8割の17人の腸内でビフィズス菌の割合が増えたというデータが紹介。

わかめの食物繊維がビフィズス菌のエサになって、それでビフィズス菌が増えたと考えられる。

ビフィズス菌は、悪玉菌を抑えて腸内環境を良くしてくれる。

ビフィズス菌を含む腸内細菌群は、赤ちゃんのときは約50と多いが、加齢とともに減少。成人だと10~20%、60歳以上になると5%未満に。

ビフィズス菌を含む善玉菌が増えると、腸内環境が改善され、体に必要な栄養素を入れて余計なものを出そうという働きが強くなるので、脂肪の吸収などが抑えられるという。

わかめの栄養素パワー

・カリウム・・・体内の余計な塩分を排出し、高血圧の予防やむくみの改善に。

・ヨウ素・・・基礎代謝がアップし、全身の細胞が活性化。肌や髪・爪などがきれいになる。

・ビタミンK・・・じょうぶな骨を作るのに役立ち、骨粗しょう症の予防に。

・アルギン酸・・・余計なコレステロールを包み込んで体の外に出してくれるので、動脈硬化の予防に。

・フコイダン・・・メカブに含まれ、胃の中でピロリ菌に付着して体外に排出してくれる。

ただし、食べ過ぎると、お腹が張ったり、甲状腺に異常をきたす場合もある。

食べるタイミングは食べ始め

わかめを食べるタイミングは、食事の食べ始め。

満腹感をはやく得られ、脂肪などの吸収を穏やかにしてくれる。

美肌には納豆と

美肌が気になる人には、わかめと納豆の食べ合わせがおすすめ。

わかめのフコキサンチンがコラーゲンの分解酵素を抑えてくれ、納豆のレシチンやイソフラボンが含まれていて美肌効果が期待できる。

むくみには、切り干し大根と

むくみが気になる人には、わかめと切り干し大根の食べ合わせがおすすめ。

両方に含まれる豊富なカリウムが、体内の余分な塩分や水分を排出してくれる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・ヒルナンデス!驚くべきわかめパワー 美肌には納豆と、むくみには切り干… […]