NHKスペシャル ゴースト血管対策にスキップ、シナモン、ヒハツ、ルイボスティー

4月1日のNHKスペシャルは「ゴースト血管が危ない」

美容にも健康にも悪いゴースト血管を予防する方法などが紹介された。

スポンサーリンク

ゴースト血管とは

髪の毛の10分の1の太さという毛細血管は、その表面にすきまがあることで血液成分が染み出すようになっている。

この毛細血管に血液が通わなくなるとゴースト血管になる。

毛細血管がゴースト化してしうと、その周囲の細胞に栄養が届かなくなりその細胞が死んでしまう。

ゴースト血管になると、細胞に栄養が届かなくなるだけでなく、細胞で不要になったものを排出できなくなる。

ゴースト血管が脳で起これば認知症に、骨で起きれば骨粗しょう症に、肝臓や腎臓でおきればその機能低下を招き、健康長寿を妨げる脅威となっている。

ゴースト血管危険度チェック

ゴースト血管になりやすいかどうかのチェック項目は8つ

・あなたは大食いですか?
・お風呂は湯船に入る?
・のどが渇きやすい?
・日常的に運動している?(15分程度のウォーキングを含む)
・タバコを吸う?
・健康診断で高血圧と言われたことがある?
・日中に眠気を感じる?
・あなたの年齢は?

ゴースト化する原因

毛細血管がゴースト化してしまう原因は、大きく分けて血液が漏れることと血流が滞ること。

毛細血管から血液が漏れる原因は、過剰な糖質、加齢、睡眠不足など。

血流が滞る原因の代表例は、タバコと高血圧と運動不足。

ゴースト血管対策にスキップ

高倉信幸先生がおすすめの方法として紹介されたのは、スキップ。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれていて、そこにたまった血液をどんどん出してやる。そうすると全身に血液が回っていって、血流が改善する。

スキップはその場でよく、朝昼晩それぞれ20回ずつ行う。

スキップができない人は、かかとの上げ下げなどでもよい。

食べ物では、シナモン、ヒハツ、ルイボスティー。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 毛細血管のゴースト化 予防するヒハツ
主治医が見つかる診療所 舌裏瘀血チェックとゴースト血管改善に静脈マッサージとルイボスティー
世界一受けたい授業 毛細血管セルフチェックと毛細血管を健康に保つシナモン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ