ソレダメ!ぐっすり眠る方法

たっぷり寝たはずなのに朝起きれなかったり、昼間眠くなってしまったりしてしまう人は、春の陽気のせいではなく睡眠障害の可能性がある。

3月21日の「ソレダメ!」で、『誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』の著者で、RESM新横浜院長の白濱龍太郎先生が、ぐっすり眠るための方法を紹介してくれた。

【関連記事】
ソレダメ!麻婆豆腐にハイチュウ青リンゴ味
ソレダメ!回鍋肉の格上げワザ タレにチョコレート
ソレダメ!腰痛を改善するゆる体操

スポンサーリンク

良い睡眠は深い睡眠

良い睡眠とは、長い時間眠るのではなく、どれだけ深い眠りにつくことができるかが重要。

眠ってから4時間以内に、2回以上ぐっすり眠ることが大事。

目覚まし時計は帰宅後すぐにセットする

目覚まし時計をセットするタイミングとして、寝る前や布団に入ってからはダメ。

良い睡眠のカギを握るのは、自立神経の交感神経と副交感神経。

起きている間活発に働くのが、交感神経。

夜になると副交感神経が働き、眠りに向かっていく。

寝る直前に目覚ましをセットすると、交感神経が高ぶってしまって、逆に眠れなくなってしまう可能性がある。

帰宅後すぐに目覚ましをセットする。

このタイミングだと興奮しても、寝るころには落ち着いて、良い睡眠に入ることができる。

夜目覚めたときに時計を見ない

夜目が覚めたときに時計を見ると、脳がその時刻に起きるものだと記憶してしまい、これが夜中に目覚めることが習慣化する原因になる。

昼寝をする前にコーヒーを飲む

昼寝は、午後1時ころに15~20分するのがおすすめ。

昼寝する前にコーヒーを飲むと、起きたあとに頭がすっきりし、その後元気に過ごせる。

コーヒーに含まれるカフェインは、20~30分で効いてくる。

この時間差を利用して昼寝をする。

カフェインの効果が出るまでの20~30分の間昼寝をすれば、自然に起きることができて、気分もすっきりするという。

仰向け大の字で寝る

睡眠の質を上げるには、大の字になって寝る。

内臓など体の中の温度である深部体温が下がると、質の良い睡眠がとれる。

仰向け大の字になると、内股や脇の下や手足から熱が放出されて、その結果深部体温が下がる。

横向きでは、熱が逃げにくい。

体温のピーク時と夜の温度差が大きいほど寝つきが良くなるので、夕方に軽い運動をして深部体温を上げると寝つきが良くなる。

いびき解消のため口の両端にテープをする

最近は、中高年の女性にもいびきが多くみられるそう。

いびきは呼吸の効率が悪いため、血液中の酸素濃度を低くしてしまう。

週に3回以上いびきをかいている人は、心筋梗塞のリスクが増えるそう。

いびき解消のおすすめの方法は、テープで口の端をとめること。

いびきの原因の一つが、口呼吸。

口をテープで閉じると、口ではなく鼻から空気が入るようになる。

鼻呼吸をすることで気道が広くなり、いびきがなくなるそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・ソレダメ!回鍋肉の格上げワザ タレにチョコレート ・ソレダメ!ぐっすり眠る方法 […]

  2. […] 【関連記事】 ・ソレダメ!麻婆豆腐にハイチュウ青リンゴ味 ・ソレダメ!ぐっすり眠る方法 […]

  3. […] ・ソレダメ!ぐっすり眠る方法 ・ソレダメ!麻婆豆腐にハイチュウ青リンゴ味 […]