世界一受けたい授業 花粉筋膜ヨガ 鼻炎に効果的なシソ

花粉症の時期は、花粉症以外でも様々な鼻トラブルが増える。

3月17日の「世界一受けたい授業」では、たった1分で鼻づまりが改善する体操や、鼻炎に効果的な食材が紹介された。

低気圧やペットによっても、鼻トラブルが生じるという。

教えてくれたのは、花粉症のスペシャリスト・石井正則先生。

スポンサーリンク

低気圧による鼻トラブル

3月から5月は、気温と共に気圧が急に下がることがある。

急な気圧の変化に体がついていけず、自律神経が不安定になり、鼻のなかの粘膜が腫れ、鼻づまりなどを引き起こしてしまうという。

ペットによる鼻炎

ペットを飼う家庭の増加にともない増えているのが、動物アレルギー。

この時季は冬毛から夏毛に変わるため、抜け毛の量が特に増加。

抜け毛にはペットの細かいフケや皮脂・フン尿などがびっしりついていて、それを吸い込むことによってアレルギーが発症してしまう。

月に1~2回はしっかりシャンプーで体を洗うなど、ペットを清潔に保つことが重要。

モーニングアタック

ストレスなどが原因で、毎朝目覚めたときに自律神経のバランスが崩れ、鼻の粘膜の血管が膨張することで鼻トラブルが起こることもある。

自律神経を整えるために、毎日決まった時間に寝るなど、規則正しい生活を心がけるとよい。

花粉筋膜ヨガ

鼻詰まりを治すには、交感神経を活発にすることが大切。

そのために必要なのが、上半身の浅い筋膜を伸ばすこと。

簡単に誰でもできる鼻づまりを解消する方法として、花粉筋膜ヨガが紹介された。

そのやりかたは

(1)両手を後ろにまわし、小指・薬指・中指を組む

(2)指を組んだら、手のひらをお尻の前で開き、さらにひっくり返す

(3)手首を反らせたまま、胸を張って、腕をピンと伸ばす

あとは、できるだけ腕を上にあげ、この状態を20秒間キープする。

小指から腕・胸までつながる筋膜を意識する。

ここを伸ばすことで交感神経が刺激され、鼻のなかの血管が細くなる。

すると、鼻の腫れがひいて、鼻の通りが良くなるそう。

20秒を3セットを、鼻のつまったときや3時間おきくらいに行う。

鼻炎に効果的な食材・シソ

続いて、鼻炎に効果的な食材として紹介されたのが、シソ。

シソには、ポリフェノールの一種のルテオリンという成分が含まれている。

このルテオリンは、かゆみの原因となるヒスタミンを抑制してくれることが、最近の研究で明らかになったという。

同じくルテオリンを含むパセリやセロリと比べても、シソが断トツ。

そんなシソを使ったオススメレシピが、シソディップ。

材料は、青ジソ、くるみ、にんにく、塩、オリーブオイル。

これらすべてをミキサーで混ぜるだけ。

クラッカーやパン、野菜スティックなどにシソディップをつけて食べることで、多くのルテオリンを簡単に摂ることができる。

1日20枚のシソを2~3回に分けて食べると効果的という。

番組中で小島瑠璃子さんが「えっ、20枚?」と驚きの声をあげていたが、ディップにするとそんなに多い量ではなさそう。

材料の割合を工夫したり、パスタソースなどにアレンジするとおいしく鼻炎対策ができるかも。

【関連記事】
ジョブチューン 病気を予防する最強の食べ物SP 免疫力UPに青じそ、シミ・シワにシナモン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ