名医のTHE太鼓判 だ液が減ると心筋梗塞のリスク増 だ液を増やす「舌グルグル体操」

3月12日の「名医のTHE太鼓判」は、『一生肉を噛み切れる口を目指そうSP!』

口の中のだ液の量が少ないと、心筋梗塞のリスクが高まるという。

だ液の量が少なくなってしまう生活習慣や、だ液の量を増やす体操が紹介された。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判 あごを鍛える三浦雄一郎の舌だし体操、志村けんのアイーン体操
名医のTHE太鼓判 口を閉じているときに上下の歯をつけない

スポンサーリンク

なぜだ液が出なくなる?

噛まないと、だ液がでなくなる。

だ液には、口のなかをきれいにする殺菌作用がある。

量が減ると、口の中に歯周病菌などが繁殖しやすくなる。

その歯周病菌などが血管に入ると、動脈硬化や心筋梗塞の引き金になってしまう。

ブクブクうがい検査

口に水を含みブクブクうがいをする。

頬の筋肉が正常なら、20秒行える。

衰えている人は上手にできない。

噛まない食べ方は、だ液の量が減るだけでなく、頬の筋肉も衰える。

舌グルグル体操

舌を動かすことで、だ液の分泌が促される。

歯茎のところをなでるように、舌を動かす。

左右に5周ずつ行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ