ジョブチューン こってり系・激辛料理が好きな人は隠れ味覚障害かも

2月24日の「ジョブチューン」は、『口の健康徹底チェック&改善』の一つとして味覚障害が取り上げられた。

味覚障害は、舌の表面にある約7千個の味を感じる小さな器官・味蕾が働かなくなり、味の感じ方が鈍くなったり、本来の味と違う味に感じてしまう症状。

気づかずに放って置くととっても危険な味覚障害について、東京女子医科大学病院の山村幸恵先生が解説してくれた。

【関連記事】
ジョブチューン お口の健康徹底チェック&改善SP 歯周病予防に歯を磨く前に口をしっかりゆすぐ
ジョブチューン 口臭予防に30分に1回の背伸び、ベロベロ体操、ニンニクにはリンゴ
ジョブチューン 朝起きてすぐ水を飲む人は誤嚥性肺炎になりやすい
ジョブチューン 本当に良い歯医者の見分けかた

スポンサーリンク

危険な味覚障害

塩味の感じ方が鈍くなると、知らず知らずのうちに塩分を多量に摂取し、高血圧や動脈硬化、さらに心臓病や脳梗塞の危険性が。

甘味の感じ方が鈍くなると、糖質を多量に摂取してしまい、糖尿病の危険性が。

3人に1人が隠れ味覚障害

大学生300人を対象にした調査で、およそ3人に1人が軽度の味覚障害という調査があるという。

高齢者に多いが、若い人も味覚障害になる。

舌にある味を感じる器官である味蕾は、歳をとると減ってしまい、80歳では20歳の半分というデータもある。

味覚障害は放っておいた器官が長くなればなるほど、治りにくくなるという。

味覚障害チェック

自宅でもできる簡単なチェック方法がある

500mlの水に砂糖を5g溶かしたものと、同じく500mlの水に塩1gを溶かした水を飲んでみて、甘さやしょっぱさを感じ取れれば正常。

この味がわからないと、味覚障害かもしれない。

味覚障害予備軍チェック

将来、味覚障害になってしまうかもしれない、味覚障害予備軍がわかるチェックリストがある。

そのチェック項目は

・こってり系・激辛料理が好き
・サプリメントをよく飲む
・ファーストフードやインスタント食品がよく食べる
・よく噛まないで食べる
・常用している薬がある

1つでも当てはまると、味覚障害予備軍。

特に、こってり系・激辛料理が好きにチェックが入る人は、すでに味覚障害かもしれない。

辛いものを平気で食べられるということは、辛さを感じにくくなっているかもしれない。

味覚障害予防に亜鉛

亜鉛を多く含む食べ物をたべると、味覚障害の予防になる。

亜鉛は、身体が新しい細胞を作るときに欠かせないミネラル。

味蕾は新陳代謝が盛んな組織なので、亜鉛が不足すると真っ先にその影響を受けて、正常な味蕾が作られなくなってしまう。

亜鉛を多く含む食べ物

亜鉛を多く含む食材として紹介されたのが、牡蠣。

1日に3~4個食べるとよい。

他には、牛のひき肉、豚レバー、卵、チーズ、大豆製品などにも多くふくまれ、これらをバランスよく食べるのが重要。

ただし、アルコールは肝臓で分解されるときに亜鉛が消費されるので、ほどほどにする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ