ジョブチューン 朝起きてすぐ水を飲む人は誤嚥性肺炎になりやすい

日本人の死因の第3位は肺炎。

肺炎にかかった70歳以上の7割が、誤嚥性肺炎。

気管の入り口にある喉頭蓋というフタが正常に動かなくなると、気管を伝って肺に食べ物が入ってしまう。

これが誤嚥。

だ液や食べ物といっしょに肺に細菌が入ることで、誤嚥性肺炎になってしまう。

嚥下専門医の津田豪太先生が、誤嚥性肺炎の予防法などを解説してくれた。

【関連記事】
ジョブチューン お口の健康徹底チェック&改善SP 歯周病予防に歯を磨く前に口をしっかりゆすぐ
ジョブチューン 口臭予防に30分に1回の背伸び、ベロベロ体操、ニンニクにはリンゴ
ジョブチューン こってり系・激辛料理が好きな人は隠れ味覚障害かも
ジョブチューン 本当に良い歯医者の見分けかた

スポンサーリンク

朝起きてすぐに水を飲む人は誤嚥性肺炎になりやすい

寝起きは、口の中が一番汚い状態で、のどの筋肉も正常に動いていない。

汚い細菌だらけの状態でゴクンと水を飲んでしまうと、口のなかの細菌が水といっしょに肺に入ってしまう危険がある。

起きたときは、まずブクブクうがいかクチュクチュうがいをして、歯磨きをする。

上を向いたガラガラうがいも誤嚥してしまう危険がある。

そうすることで、万一誤嚥しても、誤嚥性肺炎になるリスクを下げることができる。

誤嚥性肺炎になりやすいかチェック

・食事中にむせることがある
・飲み込むのに苦労する
・硬い食べ物が噛みにくくなった
・よく咳をする

4つ中2つ以上の項目があてはまる場合は要注意。

朝食の最初にみそ汁を飲むのは要注意。

汁物は水と同様、のどを通るスピードが速いのに加え、具材も同時に気管に入っていく可能性が高い。

まずのどをならすためのウォーミングアップとして、とろろ・納豆・生卵などのネバネバ・ドロドロした食べ物を先に食べるのがおすすめ。

あるいは、食べる前に、だ液を3回ぐらい飲み込んでのどを動かしてみる。

寝るときは枕をする

寝るときに枕を使わずに寝る人は、誤嚥性肺炎になりやすいという。

枕をつかわずフラットな状態で寝ると、気管が大きく広がり、だ液を誤嚥しやすくなる。

枕をすると気管が狭くなるので、気管に入るリスクが減る。

寝るときには、枕を使うことが重要。

のどの筋肉を鍛える「あご持ち上げ体操」

誤嚥性肺炎にならないようにするには、のどの筋肉を鍛えるのが一番。

誤嚥性肺炎の予防法として、「あご持ち上げ体操」が紹介された。

そのやりかたは

(1)両手の親指をあごの下に入れて、親指であごを突き上げる

(2)同時に、あごで負けないように押し返し、5秒間キープする

1日5回繰り返すことで、のどの筋肉が鍛えられ、誤嚥しにくくなるという。

カラオケを歌う

高い音や低い音を出そうとすると、のどが大きく動く。

そのためカラオケなどで歌うと、のど全体の筋肉が鍛えられ誤嚥予防につながる。

音域の広い歌をうたえば、より効果が期待できる。

【関連記事】
この差って何ですか 誤嚥性肺炎になりやすい人となりにくい人の差・嚥下おでこ体操
主治医が見つかる診療所 隠れ誤嚥を予防するのどの筋トレ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ