ソレダメ!誤嚥性肺炎を防ぐ「あご上げイー体操」「ハイトーンボイストレーニング」

食事中にむせたり、錠剤が飲みこみにくい、痰がからまりやすいということが増えてきた人は、のどが衰えてきている危険性がある。

喉が衰えてくると飲み込む力が低下し、その結果、食べ物や飲み物が誤って気管に入る誤嚥を起こしやすくなる。

肺炎で亡くなる高齢者の7割が、誤嚥性肺炎を患っているという。

さらに、夜間の就寝中に気付かないうちにだ液が気管に流れ込む、いわゆる「隠れ誤嚥」が大きな問題という。

寝ている間に肺に侵入しただ液が炎症を起こし、肺炎になってしまう。

池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が、のどの衰えを防ぐのどトレーニングを教えてくれた。

【関連記事】
ソレダメ!風邪の予防法 帰宅時に顔も洗い、食後に毒だしうがいをする
ソレダメ!風邪っぽいときは、軽い運動と豚肉のしょうが焼き

スポンサーリンク

飲みこみ力チェック「ごっくんテスト」

のどが衰え始めるのは40代から。

のどの状態をチェックする「ごっくんテスト」のやりかたは

(1)手をのどぼとけに置き、だ液をごっくんする

(2)30秒間で何回できるかを数える

8回以上だと問題なし、7回以下は注意が必要。3回未満は要注意。

30秒間だが、高橋真麻さんがコメントしていたように、20秒すぎてからの後半がきつい。

だ液そのものが少ないと飲み込みにくいが、だ液が少なくなると免疫的に風邪もひきやすくなり、さらには肺炎にもなりやすいという。

あご上げイー体操

のどのトレーニングの一つめは、のどぼとけ周囲の筋肉を鍛える「あご上げイー体操」

そのやりかたは

(1)両手の親指をあごの下におく

(2)あごを引きながら、両親指を持ち上げる

あごと親指で、押しあいっこする。

(3)口を真横にイーっと開いて5秒間声を出す

奥歯を噛みしめながら、のどぼとけが力が入る

これを3回以上繰り返す。

ハイトーンボイストレーニング

高い音を出すと、のどぼとけが上下に動くので、のどの周りの筋肉を鍛えることができる。

特に高低差のある歌が良い。

口を大きく開けて、喉を意識して歌う。

【関連記事】
この差って何ですか 誤嚥性肺炎になりやすい人となりにくい人の差・嚥下おでこ体操

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ