今でしょ!講座 健康長寿が冬によく食べるロールキャベツ

2月13日の「林修の今でしょ!講座」で、健康長寿の方々が冬によく食べる料理がランキングで発表された。

4位にランクインしたのは、ロールキャベツ。

脳を老けさせない料理として紹介。腸内環境を変えることで、認知機能の改善もできるという。

解説してくれたのは、白澤卓二先生。

【関連記事】
今でしょ!講座 健康長寿が冬によく食べる、食物繊維豊富なきんぴらごぼう
今でしょ!講座 おでんは食物繊維のバイキング
今でしょ!講座 つまずきの4つの原因とつまずかない歩きかた
今でしょ!講座 靴のすり減り方で体の歪みが分かる

スポンサーリンク

腸と脳の相関関係

直持つ繊維は腸に直結しているが、腸は脳と相関関係がある。

食物繊維は腸内細菌のエサ。エサの種類によって善玉菌が増えたり悪玉菌が増えたりする。

善玉菌が多いときは脳に影響をあまり与えないが、悪玉菌が増えてくると、いろんな毒素を分泌したり、悪玉菌の細胞壁の一部が血液の中に入ると、それが脳を直接アタックするという。

食物繊維が不足すると、認知機能が低下したり、集中力が出なかったりする。

腸内環境は変えることが可能で、認知機能も改善できる。

短期間でも1週間ほど食物繊維を多くとると、集中力も上がってくる。

食物繊維が一気にとれる煮込み

キャベツは食物繊維が多いが、生よりも煮たほうがボリュームが減るので量が食べやすい。

水溶性食物繊維は煮汁に溶け出るで、キャベツを茹でた煮汁でスープを作る。

また、キャベツにはビタミンKが含まれ、吸収したカルシウムが骨に沈着するのをサポートしてくれる。

まるごとキャベツ

キャベツ料理として、キャベツ一玉とサバ缶を和風だしの元と砂糖で味付けし煮込んだ、キャベツの煮込み料理が紹介。

サバに含まれるEPAやDHAは、脳の認知機能を維持することが様々な研究で報告されている。

水溶性食物繊維は血糖値の急上昇も抑える

水溶性食物繊維は、体のなかに入るとネバネバになり、糖質をコーティングしてくれる。

そのため糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を抑えてくれる。

朝、食物繊維を摂ると、夕食まで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ