人生レシピ 認知症予防鍋

2月9日の「あしたも晴れ!人生レシピ」で、認知症予防によいと言われている料理として地中海料理をベースにした認知症予防鍋が紹介された。

解説してくれたのは、管理栄養士の田中史子さん。

スポンサーリンク

認知症予防のポイント

地中海料理といえばオリーブオイル。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、アルツハイマー型認知症の原因となる脳内の有害物質アミロイドβを減らす効果が高いと言われている。

全粒粉をつかったパンやパスタは、食物繊維を豊富に含んでいて、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる。これにより、認知症の発症リスクを高める糖尿病を予防することにつながる。

魚介類に含まれるEPAは、血管や血液を健康に保つ効果があると言われ、血栓ができるのを防いでくれる。脳にたくさんの血液が送られることで、脳の神経細胞が活発に働くようになる。

肥満を防ぎ、血管を守る食事が、認知症の予防に効果的。

認知症予防鍋の具材

オリーブオイル、にんにく、たい、えび、はまぐり、スイスチャード、カラフルミニトマト、オリーブの実、しいたけ、豆腐、ゆず。

オリーブの実にはマスリン酸という成分が入っている。

マスリン酸は、認知症予防になったり、関節の炎症も抑えたりするという。

熟していない緑色のミニトマトには、筋肉の萎縮をふせぐトマチジンが含まれている。

筋肉が衰えると脳への神経伝達が鈍くなるので、運動とともに摂取するのが大切。

スイスチャードは、βカロテンを多く含むほか、カルシウム、ミネラル、鉄分なども豊富で、丈夫な骨作りや貧血などに効果が期待できるという。

ゆずの皮に含まれるノビレチンは、記憶障害の改善が期待できる成分。

認知症予防鍋の作りかた

(1)オリーブオイルを鍋全体にいきわたるように入れる

(2)薄切りのニンニクを焦がさないように、弱火で香りが立つまで炒める

(3)昆布、干ししいたけ、かつおぶし、あごで取った和風だしを、鍋のふちからそっと加える

(4)ひと煮立ちさせたら、たい、はまぐり、えび、しいたけ、豆腐を入れる

(5)続いて、オリーブの実やカラフルミニトマト、スイスチャードを入れる

(6)鍋に火が通ったら、柚子を皮ごと千切りにしていれて完成

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ