ガッテン!血管ボロボロ&認知症予防に葉酸(ビタミンM)

1月17日の「ガッテン」は、『血管ボロボロ&認知症からカラダを守れ!“ビタミンM”徹底活用』と題してビタミンMについて。

ビタミンMのMは猿のモンキーからきている。

貧血になる猿とそうでない猿では何が違うのか調べているときに見つかったからだそうだが、他のものからも見つかるようになったので、現在では葉酸という名前で、特に妊婦さんに重要な栄養素として知られている。

その葉酸が、血管の動脈硬化や認知症予防も防いでくれるという。

スポンサーリンク

細胞分裂に欠かせない

葉酸は太陽の恵みを受けた植物が、光合成によってつくりだす栄養素。

細胞の中にある生命の設計図DNをが作るのに、欠かせない栄養素。

そんな葉酸を誰よりも必要としているのが、おなかのなかにいる赤ちゃん。

たった1個の細胞がわずか1年の間に人間に成長するのを支えるのが葉酸だという。

葉酸は何に含まれているのか?

葉酸は、ほうれんそう、豆苗、春菊、水菜、ブロッコリー、小松菜などの葉物やレバー、のり、納豆などに含まれている。

葉酸(Folic acid) の Folic はラテン語の「葉(folium)」からきている。

ホモシステイン

食べ物から摂取したアミノ酸が体内で働くなかで、化学変化を起こしてホモシステインという物質ができる。

そのホモシステインは脳や血管、骨で活性酸素を出し、それがアルツハイマーや動脈硬化、骨粗しょう症の原因の一つではないかと考えられている。

このホモシステインに有効なのが葉酸だという。

ホモシステインは必須アミノ酸のひとつメチオニンの中間代謝産物で、動脈硬化を起こすメカニズムは第一薬品工業の図解説明がわかりやすい。

【関連記事】
葉酸不足の方は動脈硬化に注意!(第一薬品工業)

葉酸の推奨量

1日の葉酸の摂取推奨量は日本では、妊婦さんが480㎍、成人男女は240㎍(1μg=千分の1mg=百万分の1g)。

女子栄養大学の香川靖雄教授によると、食べ物から摂るのであれば400㎍を超えたほうがよいという。

FAO・WHOの「栄養表示に関するガイドライン」では400㎍とされていて、世界81か国は穀類に法律で葉酸を加えている。

葉酸が欠乏すると鋭敏に現れるのが貧血だが、240㎍を摂ると貧血は起きないとして、日本ではその基準が使われているのだそう。

ただし、サプリメントから摂る場合には、摂取目安量が表記されているので、それを守ることが大切。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ