今でしょ!講座 名医ののど風邪対処法

1月9日の「今でしょ!講座」は3時間スペシャル。

名医が行っている風邪の症状別対処法として、のど風邪の対処法が紹介された。

【関連記事】
今でしょ!講座 鼻風邪の治し方 蒸しタオル・足湯・レンコン汁
今でしょ!講座 寒気(さむけ)に足指体操、おへそにカイロ、3つの首を温める

スポンサーリンク

第3位 みかんの白いすじを残さず食べる

みかん由来のヘスペリジンが、風邪で痛くなったのどの痛みを和らげてくれる。

ヘスペリジンは、みかんの白いすじにより多く含まれている。

糖度が高いので、一日に2個ほど食べるとよい。

ヘスペリジンは外の皮にも含まれているので、外の皮をつかったみかんのマーマレードもおすすめ。

第2位 寝る前にはちみつをなめる

咳がつらいときの治しかたとして紹介されたのが、寝る前にはちみつをなめること。

咳は身体の過剰な興奮であるが、はちみつがそれを抑えてくれる。

はちみつには、抗酸化作用、抗炎症作用があり、ウイルスに作用するポリフェノールも豊富。

咳は夜寝ている間に多く出るので、寝る前に小さじ半分ほどなめると良い。

第1位 マスクをして横向きで寝る

これも咳がつらくて眠れないという人におすすめの方法。

粘膜のうるおいがなくなると痛みがでやすい。乾燥を防ぐことで痛みを和らげられる。

マスクを使うときには、ワセリンを鼻の穴や口の周りに塗ると、油の膜が皮膚を外側から守り、角質層の水分蒸発を防いでくれる。

仰向けに寝ると、重力で舌の奥が沈み気道が狭くなり、呼吸が苦しくなり咳が出やすくなる。

横向きで寝ると、気道が広いので、せきを和らげられる。

抱きまくらを使うと、横向きのままをキープしやすい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ