今でしょ!講座 鼻風邪の治し方 蒸しタオル・足湯・レンコン汁

1月9日の「今でしょ!講座」は3時間スペシャル。

かぜを重症化させないための名医のかぜ対処法が、症状別に紹介された。

鼻の粘膜が敏感な人は、鼻風邪になりやすい。

【関連記事】
今でしょ!講座 名医ののど風邪対処法
今でしょ!講座 寒気(さむけ)に足指体操、おへそにカイロ、3つの首を温める

スポンサーリンク

第3位 すりおろしたレンコンの汁を鼻に塗る

これは、風邪をひくと鼻水が止まらないという人におすすめの方法。

レンコンのタンニンが、炎症を抑えて症状が緩和される。

また、レンコンのネバネバ成分(糖たんぱく)を鼻の内側に塗ることで、鼻の粘膜を保護できる。

レンコンをすり下ろしてナプキンなどで絞った汁を、綿棒などにつけて幹部に直接塗るだけ。

ただし、レンコンのねばねばにもアレルギー反応を起こす場合があるので、ひじの内側などに塗って様子をみてから鼻に塗る。

余ったレンコンは麹で作った甘酒に加えて、レンコン甘酒にする。

他に、れんこん団子のお吸い物もおすすめとのこと。

第2位 足湯をする

鼻詰まりに悩む人に特におすすめというのが、足湯をすること。

足湯をすることで、脚の毛細血管が広がり血流がよくなり、鼻の血流もよくなって鼻づまりがおさまるという。

42℃程度の15分程度足湯をしたら、足を冷やさないように、タオルで足を拭いて靴下で保温する。

第1位 蒸しタオルで鼻を暖める

これも、鼻詰まりを解消する方法。

加湿をすることで、ウイルスにとっても居づらい環境になる。

薬のように副作用がないので、効果がある人は何回も行うとよい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ