たけしの家庭の医学 鼻からのどの奥の「線毛」をこまめな水分補給とミントで活発に

12月12日の「たけしの家庭の医学」で、風邪やインフルエンザの予防について。

風邪などのウイルスは、咳などを介して人から人へ移されるものだが、冬になると必ず風邪をひく人とぜんぜんひかない人がいる。

風邪をひく人とひかない人の差は何なのか?

体の中に生えている毛「線毛」のパワーを落とさないことが大切という。

解説してくれたのは、東京女子医大病院の玉置淳先生。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 夜間頻尿予防・改善に就寝4時間前の入浴

スポンサーリンク

線毛とは?

線毛は私たちの鼻の奥からのどの奥に向かって生えていて、1秒回に15回という猛スピードで波打ち続けている。

線毛の上には粘液があり、外からウイルスが入ってくると、線毛の上に乗って水分といっしょに口の方に運ばれて飲み込むか、あるいは痰として外に出される。

身体に害を及ぼす前に、線毛によってウイルスが除去される。

気温低下と水分不足で

線毛は温度が低いほど、水分が少なくなるほど動きが悪くなる。

冬は、皮膚や吐く息からどんどん水分が外に出ていってしまう。

冬の場合は、積極的に水を飲まないので、自分で気が付かないうちにじわじわ身体の中の水分量が低下する。

水分不足になると線毛の上の粘液が減少し、そうすると線毛の上にウイルスが乗っかってしまい、外に運ばれていかない。

そうこうしているうちに、ウイルスが身体の中にウイルスが入ってしまう。

1個のウイルスが朝体内に入ると、夜には1万個、24時間後には100万個に増殖してしまう。

効果的な水分補給のポイントはこまめに飲む

しっかり水分を補給すれば、線毛を活性化できる。

効率よく水分を補給するには、少量の水をこまめにわけて飲むこと。コップ1杯の水を1日に7~8回飲むとよい。

お茶や水で構わないが、お酒やコーヒーは利尿作用があるので、水分が身体の外に出てしまう。

就寝中はミントの香りを吸う

夜寝ているときは水分補給ができないが、水分補給以外に線毛を活性化する方法も紹介。

それは、ミントの香りを吸うこと。

ミントに含まれるメントールが、線毛の動きを活発にするという。

ミントオイル(はっか油)を使ったミントタオルやミントマスクが紹介。

ミントタオルの作りかた

(1)洗面器に水を張り、ミントオイルを7~8滴垂らす。

ミントオイルの原液は刺激が強いので、入れすぎに注意。

(2)そこにタオルを浸し、軽くしぼったら完成。

(3)このミントタオルを寝室にかけておく。

ミントマスクの作り方

(1)霧吹きに水を入れ、ミントオイルを一滴だけ垂らす。

(2)2~3回、マスクにスプレーしたら完成。

ミントタオルなら、確かに部屋の乾燥も防げるのがよさそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ