ジョブチューン 冬の病気を予防する最強の食べ物 危険な咳の見分けかた、呼吸筋エクササイズ

12月9日の「ジョブチューン」で、『名医がぶっちゃけ 冬の病気を予防する最強の食べ物』と題して、危険な咳・冷え性・インフルエンザについての解説と、対策の食べ物が紹介された。

危険な咳の見分けかたや咳の症状を和らげる食べものに関して、池袋大谷クリニックの大谷義夫先生が教えてくれた。

【関連記事】
ジョブチューン 免疫力を上げるLPS豊富な冬が旬のたべもの・れんこん
ジョブチューン 冷え性の予防・改善にマイタケ・指組み

スポンサーリンク

危険な咳の見分けかた

年間を通して、患者が医師にうったえる症状で最も多いのが咳という。

咳の原因はだれもがよくかかる風邪から死に至る病気まで100種類以上あり、どの病気が咳の原因になっているかわかりにくい。

咳が2週間続くと危険

風邪のほとんどは2週間あれば完治する。

2週間以上続く咳の場合は、風邪以外の病気の可能性がある。

危険な咳

(1)温かい部屋から寒い外に出たらでる咳

急な温度の変化によって出る咳は、咳ぜんそくの可能性がある。

日本人の10人に1人が咳ぜんそくという。2週間以上続くせきの大半が、この咳ぜんそく。

気道の粘膜に炎症が起こり、軽い刺激にも反応して出る

咳ぜんそくは、喘息の予備軍。

(2)寝ているときに出る咳

ぜんそくが原因のせき、逆流性食道炎が原因のせき、誤嚥性肺炎のせきの可能性がある。

逆流性食道炎の場合は、寝ている間にのど付近まで逆流した胃液が、せきの原因になるという。胸やけしたり、のどがイガイガしたりする。

肺炎の7割が誤嚥性肺炎。

だ液のなかにはたくさんの細菌が含まれているので、肺に入ると特に危険という。

誤嚥性肺炎の予防法

・1日4回の歯磨き・・・起床時、朝食後、昼食後、寝る前の歯磨きによって、口の中の細菌を減らす。

・食事の前に30秒で3回だ液を飲み込む・・・こうすることで、飲み込むことのウォーミングアップになり、毎日続けることでのどの筋力アップになる。

咳をおさえる飲み物

咳をおさえる飲み物としてコーヒーが紹介。

カフェインには、気管支を拡張させる作用や、炎症をおさえる作用がある。

病気自体を治すことはできないが、咳をやわらげてくれる。

コーヒーを飲めない人は、カフェインが含まれている緑茶や紅茶がおすすめ。

呼吸筋を鍛えるエクササイズ

肺自体には筋肉がないため周囲の筋肉を動かし呼吸をしている。

肺のまわりで肺を動かしている筋肉を鍛えると、咳を出す力も強くなり、異物が気管や肺に入りにくくなる。

呼吸筋のエクササイズのやりかたは

(1)足を肩幅に伸ばし背筋を伸ばす(いすに座った状態でも良い)

(2)両手を頭のうしろで組み、鼻から大きく息を吸う

胸とおなかが膨らむことを意識しながら、ゆっくりと息を吸いこむ。

(3)手を真上にあげ、全身を伸ばしながら、口から息を吐き切る

1日10回、2セットを目安に行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ