主治医が見つかる診療所 隠れ誤嚥を予防するのどの筋トレ

11月30日の「主治医が見つかる診療所」で、かぜと間違いやすい、命にもかかわる呼吸器の病気の予防法や見分けかたが紹介された。

若い人にも増えている死の危険のある肺炎として、誤嚥性肺炎が取り上げられた。

解説してくれたのは、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 風邪を間違いやすい肺炎球菌性肺炎

スポンサーリンク

誤嚥は食事中だけでなく、睡眠中にも

誤嚥は、食べ物やだ液などが誤って器官の中にに入ってしまうこと。

誤嚥を繰り返してしまうと、細菌が肺で炎症を起こしてしまう。

誤嚥性肺炎の患者の7割は自分が誤嚥したことに気付いていない。

誤嚥は食事中だけでなく、睡眠中に細菌を含んだだ液を誤嚥してしまう「隠れ誤嚥」がある。

誤嚥性肺炎は老人性肺炎ともいわれるが、のどの力が衰えるのは40代から。

睡眠時無呼吸症候群のためうつ伏せや横向きで寝ると、胃の中の食べ物が逆流しやすく、またアルコールを飲むとのどの力が弱まって誤嚥しやすくなるという。

誤嚥性肺炎の予防法

横向きに寝るときは、左側を下にして寝る。

胃は左側に膨らんでいるため、左を下にして寝た場合は逆流はしにくいが、右側を下に寝ると逆流のリスクが高くなる。

ひめのともみクリニックの姫野友美院長によると、誤嚥の予防に葉酸と言う栄養素が重要な働きをしているという。

葉酸は、ほうれん草、キャベツなどに含まれる。

葉酸は熱に弱く水に溶けやすいため、なるべく生でサラダなどで食べるのがおすすめ。

・のどの筋力を鍛える「アゴ押し上げ体操」

(1)両手の親指をそろえてアゴの下にあてる

(2)アゴと親指で押し合うようにして、口を横いっぱいに広げて「イー」と10秒間声を出す

これを1日5回行う。

・ベロまわし体操

(1)口を大きく開けて、舌を左右上下に大きく動かすだけ

これも1回10秒を5回行う。

飲み込むたのの舌の奥の筋肉が鍛えられる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ