名医のTHE太鼓判 冷え性に冷えとりスクワット

痩せ型の人の2人に1人が冷え性に悩んでいるという。

11月20日は「名医のTHE太鼓判」体型が招く危ない病SPで、痩せ型の人の冷え症の原因として筋肉の少なさが指摘。

筋肉を効率よく増やす、冷えとりスクワットが紹介された。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判 腰痛緩和にひざ下にクッションや枕を敷きひざを立てて寝る

スポンサーリンク

筋肉量の少なさが冷えと関係

東海大学の高原太郎医師によると、筋肉の収縮・弛緩が血流を促してくれる。

筋肉が少ないと血液の流れが悪化し、体の冷えにつながる。

冷え取りにはスクワット

筋肉の7割が集中する下半身を鍛えると、血流改善に効果的。血流がよくなれば、冷え症の改善も期待できる。

丸田佳奈医師が、冷えとりスクワットを教えてくれた。

そのやりかたは

(1)足を腰幅に広げ、足先を外へ向ける

(2)ひざを曲げるとき、ひざはつま先より前に出さずに、できればお尻を突き出すようにかがむ

10回1セット、1日3セットを目安に行う。

むずかしい場合は、壁を背にして行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ