主治医が見つかる診療所 糖化年齢と糖化を防ぐブロッコリースプラウト

11月16日の「主治医が見つかる診療所」は、血糖値&体の糖化を防いで10歳若返るぞSP。

糖化を防いで健康になる方法に続いて、ゲストの糖化年齢を測定。

糖化年齢とは、体のなかでどれくらい糖化が進んでいるかを数値化したもの。

実際の年齢より糖化年齢が高いほど、より糖化が進んでいることになり、老化も進んでいる可能性が高いと考えられる。

糖化年齢の高いゲストの普段の生活から、どうすれば改善できるかなどが紹介された。

スポンサーリンク

ゲストの糖化年齢と対策

東貴博さんの糖化年齢は実年齢よりも10歳上。

粉ものが多いと血糖値が上がりやすい。

ドカ食いをすると、そこでインスリンを多く出してしまって糖化に良くない。

ランニングをするにしても、朝空腹時に走るのではなく、何か食べてから食べるほうがよい。

ニッチェ近藤久美子さんの糖化年齢は、実年齢より一回り12歳上。

たばこは糖化を加速する。なにはともあれ、たばこは止めるべきという。

ドン小西さんの糖化年齢は、実年齢より16歳上。

お腹ペコペコにしてお酒を飲むと、一気に血糖値が上がる。

体の中でAGEを増やさない

睡眠不足、ストレスなどでもAGEは増えるので、それを気をつける。

東京大学の伊藤明子先生によると、糖化をよりすすめてしまうのは、スイーツや揚げ物など。

また、食べかたを工夫して、AGEをなるべく取り込まないようにする。

そのためには、糖化防止力の高い食材を使ったり、調理法を工夫したり、食材を置き換える。

糖化防止力の高い食材

いわし、あじ、さんまなどの青魚。

シソやみょうが、ねぎといった薬味。

アマニ油などオメガ3の多い脂は糖化

野菜は糖化を防ぐ力の強い代表食。

アーモンドをはじめとするナッツ類。

調理法の工夫

糖化を防ぐにはナマで食べるのが一番。

焼いたり揚げたりするより、煮たり蒸したりするほうがよい。

炒め物はあまり強火にせずに、中火で温度をあまり上げずに行う。

食材の置き換え

白砂糖ではなく、甜菜糖やキビ砂糖を使う。

白米ではなく雑穀にする。

食パンではなく全粒粉のパンに置き換える。

白いものから色のついたものに置き換える。

揚げ物にはレモンとパセリを和える

揚げ物にはレモンとパセリを和える。

から揚げには、レモンを切って皮ごと食べる。

とんかつには、たっぷりのキャベツとからしを添える。

糖化をブロックするブロッコリースプラウト

久留米大学医学部の山岸昌一教授によると、AGEの増殖をおさえ糖化をブロックしてくれるのが、スルフォラファン。

スルフォラファンは、糖とタンパク質が結合するのを防いでくれる。

スルフォラファンは、ブロッコリースプラウトを口のなかで噛んでいるうちにできる。

1日にパック1個分を食べるとよい。

茹でたブロッコリーには、大根おろしを一緒に食べると、スルフォラファンが摂れる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ