主治医が見つかる診療所 食べるだけで血管を柔らかくするビーツ

11月9日の「主治医が見つかる診療所」では、『血管を柔らかくして見た目も中身も若返るぞスペシャル』と題して、血管を柔らかくする極意が紹介。

血管ストレッチ血管しごきに続き、食べるだけで血管が柔らかくなる食べ物として紹介されたのは、ビーツ。

ビーツには硝酸塩(NO3)が多く含まれていて、それが体の中に入ると一酸化窒素に変化し、それが吸収されて血管が柔らかくなることにつながるという。

ビーツを使った調味料や料理が紹介された。

解説してくれたのは、秋津壽男医師。

スポンサーリンク

ビーツの赤い色素も体に良い

ビーツの赤い色素は、ベタシアニンというポリフェノールで、強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除き老化を防ぐ効果が期待でき、これも血管を柔らかくしてくれるという。

ビーツのボルシチ

ビーツのボルシチの作り方は

(1)ビーツといっしょに、にんじん、キャベツ、たまねぎなど好みの野菜を炒める

(2)水を入れ、沸騰させる

(3)煮立ったら弱火に落として、コンソメスープの素・塩・コショウで味付けし20分ほどコトコト煮込む

ビーツの栄養素は水溶性の成分なので、スープで全部食べるのが大事という。

ビーツケチャップ

ビーツでケチャップを作ると、ビーツのもともとの甘味のために砂糖の量が少なくてすむ。

その作り方は

(1)茹でたビーツにたまねぎ、にんにく、砂糖、酢を加える

(2)弱火で約20分煮込む

(3)あとはミキサーにかけるだけ

ビーツポテサラ

番組の最後で、秋津先生が教えてくれたのがビーツポテサラ。

その作り方は

(1)柔らかく茹でたビーツを、ポテトサラダに混ぜるだけ

ボルシチが一番おいしそうだったので、あとはスーパーでビーツにめぐり会えるかどうかだなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・主治医が見つかる診療所 食べるだけで血管を柔らかくするビーツ […]

  2. […] 大阪市立大学医学部の井上正康先生が、血管しごきを教えてくれた。 【関連記事】 ・主治医が見つかる診療所 血管ストレッチ ・主治医が見つかる診療所 食べるだけで血管を柔らかくするビーツ […]