名医のTHE太鼓判 便秘に朝の炭酸水とアーモンド&足置き台

11月6日の「名医のTHE太鼓判」は、『人には言えないトイレの悩み解決SP』

便秘や頻尿などの、人には言いにくいトイレの悩みをもつ芸能人が登場。

便秘に悩む鈴木奈々さんは、朝食を食べず、潔癖症のため外では排便を我慢してしまうという。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判 頻尿 尿を我慢すると膀胱炎になりさらに頻尿に?

スポンサーリンク

日本人の2割は外出先での排便を我慢

日本人の2割が外での排便を我慢しているという調査も。

便意を我慢していると、便秘がますます悪くなってしまう。

排便のチャンスは大ぜん動

大竹真一郎先生によると、そもそも排便のメカニズムとして、大腸で便が作られ肛門のほうに押されていくが、このとき腸はずっと動いている。

このぜん動運動は、一日中休みなく小さく小さく動いているが、腸が活発になる大ぜん動が一日に数回起こる。

これが排便のチャンス。

家で朝しっかり出す

外での排便を我慢すると、大ぜん動のチャンスを逃してしまうので、朝に大ぜん動運動のスイッチを入れるのが大事。

そのスイッチは、朝食を食べること。

どうしても食べられないときは、水を飲むだけでもよいが、水よりも炭酸水のほうが効果が高いという。

胃の中にものが入ってくると、それを察知して腸が活発に動き始める。

炭酸水と一緒に食べるとよいのが、アーモンド。

アーモンドには、便をやわらかくするマグネシウムが豊富という。

一日の目安は10粒ほど。

鈴木奈々さんは、3日目で効果があった。

トイレは和式のときの姿勢に近づける

排便は、和式トイレが一番出しやすい。

洋式トイレでも、和式のときの姿勢に近づけるのが便秘解消の秘訣という。

そのために紹介された道具が、お風呂場のいす。

お風呂のいすを足置き台として使う。

足をいすの上に置き、太ももと腰の角度を35度くらいにする。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ