世界一受けたい授業 若者の健康異常 口臭の原因がスマホの理由は?

10月28日の「世界一受けたい授業」で、近年増加する若者の健康異常が紹介された。

10年前までは高齢者の病気と思われていた肺炎も増えているという。

若者が抱える健康異常について解説してくれたのは、山王病院の奥仲哲弥副院長。

スポンサーリンク

難聴

イヤホンで大音量を聴き続けると、耳の中にある蝸牛とよばれる部分が傷ついて、聴力が落ちてしまう。

特に、電車内などの騒音の激しい場所での使用は、自然と音量が大きくなるためにとても危険。

一日の使用は2時間程度に抑える。

口臭

スマホを日常的に使いすぎることで口臭の原因になるという。

スマホに熱中して顔が下を向いていると、だ液腺が圧迫されだ液が減り口が渇き、その状態が続くことで口臭が悪化してしまう。

さらに熱中すればするほど交感神経が優位になるので、ますますだ液が減ってしまう。

30分から1時間使用したら、あごの下のだ液腺をマッサージしたり、こまめに水分補給をして口が乾かないようにする。

【関連記事】
世界一受けたい授業 口腔崩壊と唾液腺マッサージ

睡眠時無呼吸症候群

小顔が睡眠時無呼吸症候群の原因になるという。

小顔であごが小さくなると、呼吸をするときの気道がせまくなってしまう。

すると、寝ている際に舌の根元が落ちたとき、狭い気道をふさいでしまう。

無呼吸症候群を、あっかんべーでチェック

鏡に向かって舌を出し、喉の奥まで見えるかをチェックする。

声を出してもよいので、のどの奥まで見えるか見えないかを確認する。

奥まで見えない場合は、気道がせまいため無呼吸症候群の疑いがあるという。

睡眠外来という専門の科があり、睡眠時のマウスピースを作るなどの対策もあるので、心配な人は診断してもらうのがよい。

手を何度も洗わないと気がすまなかったり、消耗品を過剰に購入したりなど一定の行動を繰り返してしまう「強迫神経症」や、色を判別がしにくい「色覚異常」も多いという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ