たけしの家庭の医学 血管の老化を止める木綿豆腐とサバのドライカレー

10月24日の「たけしの家庭の医学」で、血管&コレステロールを美味しく食べて下げる方法が紹介。

高コレステロールと高血圧は、動脈硬化の大きな原因だが、これら2つの予防・改善が期待できる食材として豆腐と青魚が紹介された。

解説してくれたのは、東京女子医科大学病院の市原淳弘先生と、神戸大学医学部附属病院の平田健一先生。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 若いころより身長が縮むとつまづき・転倒の危険 つまづき予防体操
たけしの家庭の医学 週3日の排便があれば便秘ではない 便秘薬は非刺激性のものを

スポンサーリンク

高血圧を予防するマグネシウム豊富な豆腐

高血圧を予防・改善が期待できる食材として紹介されたのが豆腐。

豆腐をつくるときに使われるにがりの主成分に、高血圧の予防・改善効果が期待されている栄養素のマグネシウムがある。

マグネシウムを含む食材は海藻類やナッツ類に多いが、豆腐は圧倒的にマグネシウムの量を摂りやすい。

血液中に塩分が多くなると、塩分には水分を引き込む力があるため血液中に水分が多くなり、血管の壁への圧力が高くなり高血圧になってしまう。

マグネシウムは特に腎臓に作用し、余分な塩分を尿として体の外に排出する。

豆腐は、絹ごしよりも木綿のほうがよい。いつもの食事に木綿豆腐半丁を加えるとよい。

動脈硬化を改善する青魚

平田先生によると、善玉コレステロールは人によってパワーに差があり、青魚には善玉コレステロールのパワーを上げる力があるという。

青魚に含まれるEPAという油が善玉のパワーを上げ、血管に溜まった悪玉を減らすことができる。

毎日1800mgのEPA、サバの切り身では2切れ、さんまでは2尾を食べるとよい。

奥薗流青魚&豆腐最強レシピ「木綿豆腐とサバのドライカレー」

奥薗さんが豆腐と青魚の常備菜を考案してくれた。

3日分の材料は、木綿豆腐1丁半、サバの水煮缶3個、しょうが1かけ、ケチャップ大さじ3、カレー粉大さじ1、しょう油、片栗粉大さじ1、ウスターソース大さじ3。

さば缶1缶に含まれるEPAは1860mgで、これだけで一日に必要な摂取量を超える。

(1)豆腐1丁半を、キッチンペーパーの上で手でくずす

(2)さばの水煮缶を汁ごとフライパンに入れる

(3)しょうがを皮ごとすりおろす

(4)ケチャップとウスターソースを投入

(5)カレー粉を入れ、強火で水分を飛ばす

(6)ひと煮立ちしたら、火を止めても木綿豆腐を入れる

(7)かたくり粉を入れ再び加熱し、最後にしょう油で味を調えると完成

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・たけしの家庭の医学 週3日の排便があれば便秘ではない 便秘薬は非刺激性のものを ・たけしの家庭の医学 血管の老化を止める木綿豆腐とサバのドライカレー […]