世界一受けたい授業 顔のシワ対策に骨ホルモンを増やす体操

10月21日の「世界一受けたい授業」で、『顔のシワのウソ』が紹介。

スキンケアだけしていても、顔のシワは予防できない。

肌にはスキンケアも大事ではあるが、もう一つ注意すべき体の部分があるという。

山王メディカルセンター女性医療センター長の太田博明先生が解説してくれた。

世界一受けたい授業 尿トラブルに5秒体操

スポンサーリンク

顔のシワ予防に、骨が重要

エール大学の研究によると、骨密度が下がると頭の骨が小さくなり、顔の皮があまりシワやたるみが増えるという。

骨を丈夫にすることが肌対策になる。

さらに、骨から出るホルモン(オステオカルシン)は、すい臓をはじめ全身の臓器の働きを助けると考えられている。

骨ホルモンを増やす体操

手軽にできる、骨ホルモンを増やす運動が紹介された。

(1)かかとを上げ、つま先立ちする

(2)一気にストンと落とす

この動きを3秒に1回ぐらいの速さで行う。

ポイントは、少し頭に衝撃がくるくらいの強さで行うこと。

骨に刺激を与えると、骨の細胞が活性化して骨ホルモンがでやすくなるという。

何回かにわけてもよいので、1日に合計60回を目安に行う。

【関連記事】
ガッテン!2/15 骨ホルモン・オステオカルシンを増やす運動「かかと落とし」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・世界一受けたい授業 顔のシワ対策に骨ホルモンを増やす体操 […]