ヒルナンデス!今注目のマル秘食材「ナッツ」

10月12日の「ヒルナンデス!」で、今注目のマル秘食材としてナッツが紹介された。

解説してくれたのは、白澤卓二先生。

スポンサーリンク

ナッツパワーの秘密

アーモンドには美肌効果の期待できるビタミンEが、クルミには動脈硬化を予防してくれるオメガ3脂肪酸、ピスタチオには高血圧予防やむくみを改善してくれるカリウム、カシューナッツには筋肉の疲労回復に役立つ必須アミノ酸のロイシンが豊富に含まれている。

ロイシンと言われれば食べようかと思うが、カシューナッツがなっているところをみると食べたくなくなるなぁ。

高カロリーだから太る?

ナッツは高カロリーだから太るのではないかというウワサがあるが、ナッツのアブラは質がよくて蓄積されない。

蓄積されるアブラは太るが、そのまま代謝されて消費されるので、けっこう食べても太らないという。

鼻血が出る?

ナッツと鼻血の関係は昔から言われているが、医学的に確固たる証拠はないとのこと。

ナッツのなかにはポリフェノールが含まれているが、これは血行をよくするので、鼻血が出やすい人は食べ過ぎに注意したほうがよい。

毎日30g

ナッツの食べる適量は、毎日30g。両手ですくう位の量。

間食に適していて、白澤先生のおすすめは、塩や砂糖のまぶしていない素焼きのナッツを3時のおやつに食べること。

塩も砂糖もまぶしていないナッツをおいしく食べる方法として「ハニーナッツ」が紹介。

作り方は、市販の素焼きのナッツを一晩以上ハチミツに漬ける。

それをヨーグルトやサラダにトッピングしたりする。

たしかに普段食べているナッツは塩がまぶされているので、こんど買ってくるときには素焼きのものを探してみよう。

あと、白澤先生がディーンフジオカさんにトレーニングの前に予防的に(?)食べてもよいと言っていたので、ロイシン豊富というカシューナッツを多めに食べられるように工夫してみよう。

あさイチ 攻めの間食 三食で摂れない栄養素を間食で補う 鉄分はココアやプルーンで

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ