ごごナマ 秋の夜長にぐっすり眠る方法 布団の中で「ん~」とうなる

9月27日の「ごごナマ」で、『ぐっすりすやすや!秋の快眠術』と題して、秋の夜長にぐっすり眠る方法が紹介。

教えてくれたのは、快眠セラピストの三橋美穂さん。

スポンサーリンク

理想的な枕

高すぎる枕は、首の支えがなく、首のしわの原因にもなる。

本当によい枕は、寝た瞬間に枕をしているかどうかわからない。

理想的なまくらは、後頭部の当たるところが少しへこんでいて、首を支える部分がやや高く、両サイドが高い。

番組では、やわらかタイプの枕や、かためのタイプの枕なども紹介された。

どちらも、枕の高さを調整できる。

形が自分の体型にあっているものなら、中身は好みに合わせて選ぶとよい。

パジャマ

スウェットや、パーカー、身体を圧迫するスパッツなどは避け、ねまきを着る。

理想的なねまきは、ゆったりしたデザインで、吸湿性がよく肌触りの良いもの。

ネグリジェは、寝返りをしている間にめくれてしまうので、下に何かを履く。

快眠グッズ

・レッグウォーマー・・・足がつるこむら返りの予防にもなる。

・腹巻き

・ネックショルダーウォーマー・・・マスクも兼ねることができたりもする

寝る前の準備

MCの美保純さんは寝る前にゲームを勝つまでやるというが、就寝前のおすすめリラックス法を教えてくれた。

・フットライト・・・明かりが直接目に入らない足元におき、弱く取り入れる。

・ゆらぎリズム・・・寝る前に聞く音楽は歌詞のないものにする。番組では、寄せては返す波の音などの自然な音が紹介。寝る1時間ほど前から聞く。

・頭に「ん~」・・・布団のなかでいろいろなことを考えて眠れない場合は、両耳の穴を人差し指でふさいで、小さな声で「ん~」と頭に響かせる感じでうなるようにする。

朝すっきりする方法

朝すっきり起きることができない場合は、耳たぶを下に引っ張ってパチーンと放す。

【関連記事】
今でしょ!講座 スタンフォード式世界最高の睡眠をとるための4つの行動
趣味どきっ!わたしの夜時間「自分をいたわりリラックス」パジャマと枕の選び方
NHKスペシャル 睡眠負債返済に寝る前のスマホを止め、朝日を浴びる
あさイチ 睡眠負債は寝入りのメリハリをつける

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ