たけしの家庭の医学 脳の老化を左右する脳内物質NGFを増やす手のひらタオルマッサージ

9月26日の「たけしの家庭の医学」で、脳の老化を左右する脳内物質のNGFと、そのNGFを増やすタオル一枚でできる認知症予防トレーニングが紹介された。

教えてくれたのは、国立長寿医療研究センターの佐治直樹先生。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 内臓脂肪を減らす海藻アカモク
たけしの家庭の医学 ご長寿ホルモンDHEA
たけしの家庭の医学 肩こりに肩すとんストレッチ、ブーケトス・ストレッチ

スポンサーリンク

脳内物質NGFとは

NGFは、今医学界が注目する脳を老けさせない脳内物質。

誰の体の中にも存在する物質で、特に脳の神経組織を維持するのに欠かせない役割を担っていることが最新の研究でわかってきた。

NGFを年老いたラットに2週間注入し続けたところ、認知機能がアップし迷路をくぐり抜ける時間がおよそ半分に短縮された。

人でも、この脳内物質を増やすことができれば、物忘れや認知症としった脳の老化を予防できるだけでなく、改善できる可能性も。

しかも、タオル一枚でこのNGFを増やせるかもしれないという。

物忘れはなぜ起こる?

そもそも、人の名前が出てこない物忘れはなぜ起こるのか?

脳の中には神経細胞が1000億個以上あり、その神経細胞ごとに分かれて記憶されていて、脳のなかで電気信号を伝達しながらその人の顔や特徴・名前などを思い起こすことができる。

脳の老化がすすむと、脳のネットワークで脳の神経細胞と神経細胞をつなぐネットワークが切れて、細胞間の情報が伝達できず名前が出てこなくなるという。

NGFを増やすには脳の血流をUPさせる

NGFは、加齢とともに少しずつ減少してしまうが、高齢になってもNGFをしっかり分泌すさせ、脳を若々しく保っている人がいる。

NGFを増やすポイントは、脳の血流を上げること。

NGFは脳の中で作られているので、脳の血流が多い状態だと、NGFを作る力も上がりNGFが増えると言われている。

特にその効果が期待できるのが、ウォーキングなどの運動習慣。

手のひらタオルマッサージ

タオルを使うだけでウォーキングと同じように、NGFを分泌させることができるという。

東京都健康長寿医療センターの堀田晴美先生が、その画期的な方法を教えてくれた。

ラットの実験段階であるが、手足などの末端の皮膚を刺激すると、その刺激が脳に伝わり活性化し脳の血流が増え、NGF量が増加することがわかってきた。

末端の皮膚を刺激することは、ウォーキングに匹敵する可能性がある。

人がやるとすれば、1日1回10分ほど好きな時間に手のひらをタオルで軽くこする。

タオルが落ちない程度の力で行い、強くこすりすぎない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・たけしの家庭の医学 内臓脂肪を減らす海藻アカモク ・たけしの家庭の医学 脳の老化を左右する脳内物質NGF ・たけしの家庭の医学 […]

  2. 加瀬真二 より:

    大変興味があり重要なことです。NGFを測定したいのですが、測定していただける期間をご紹介ください。

    • ima311 より:

      コメントありがとうございます。

      番組では試験紙のようなものを口にくわえるようにして、だ液中のNGFを検査していましたね。

      どこかで測定できるのか少し調べてみましたが、わかりませんでした。

      ありふれた回答になってしまいますが、かかりつけ医にまずご相談されてみてはいかがでしょう?

      お力になれず申し訳ありません。