主治医が見つかる診療所 最新乳がん検査「乳房MRI検査」早期発見には撫で洗い

9月25日の「主治医が見つかる診療所」で、最新乳がん検査が紹介された。

乳がんにかかりやすい年齢は30~50代。

一般的な乳がん検査では、マンモグラフィー検査と超音波検査が行われているが、今回紹介された乳がん検査は、痛くないのが特徴でもある「乳房MRI検査」

ゲストの林マヤさんと遼河はるひさんが、番組内で体験した。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 血液検査の意外な落とし穴「LH比」

スポンサーリンク

乳房MRI検査とは

マンモグラフィー検査は、乳房を挟んでX線で内部を撮影するもので、痛いというイメージで怖がる女性も少なくない。

一方、乳房MRI検査は、強力な時期を使用して乳房の内部を撮影できるMRI検査機を使用。

型に胸をあわせて、約20分間うつぶせになるだけで、精度の高い検査結果が得られるという。

ただし、この乳房MRI検査は、通常の乳がん検査のあと精密検査が必要な人に行われている。

乳がんは自分で見つけられる

ナグモクリニックの南雲吉則先生によると、乳がんは自分でみつけられるがん。

体を洗うときにタオルやスポンジで洗うのではなく、手のひらでなで洗いをすると早期発見につながる。

ひめのともみクリニックの姫野友美先生によると、乳がんになりやすい危険因子は肥満と運動不足。

糖質の摂りすぎは肥満を招くので、これを避けること。

乳がんになりにくいようにするためには、食物繊維を多く摂ることとオメガ3の脂肪酸(EPAやDHAなど)をしっかり摂ることという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ