Rの法則 美しくなるシャワー入浴法

Eテレ「Rの法則」で、早坂信哉先生が美しくなる入浴法を解説してくれた。

洗顔とおなじく肌も泡であらうことと、髪の毛はよくお湯でぬらして頭皮をあらうことがポイントのよう。

スポンサーリンク

美しくなるシャワー入浴

(1)入浴前にはコップ1~2杯の水分補給を

1回の入浴で約800mlの水分を失う。

皮膚の表面は濡れていても体の中は脱水状態なので、入浴前に水分を摂らないと乾燥肌の原因になる。

(2)お湯を浴びる前にかけ湯をする

お湯をいきなり全身にかけると、血圧が急上昇する。

10代の人でもいきなり心臓にお湯をかけると、不整脈を起こす危険も。

心臓から一番遠い足先から徐々にふともものほうに10秒ほどかけてシャワーをかける。

続いて、手の先からゆっくり10秒かけて肩へシャワーをかける。

温度は、ぬるめで38℃程度。

(3)足湯で全身を温める

大きめの洗面器に42~43℃の少し熱めのお湯を、くるぶしまで浸かるように足湯に入る。

血液が全身をまわっているので、足を流れる血液が温まり全身に回る。

足湯は湯船につかるのと同じ効果があるという。

シャワーを併用すると5分ほどで、全身が温まる。

足湯は、バスタブにお湯を貯めて行ってもよい。

肌は28日間のサイクルで細胞が入れかわり、新しい細胞が下からどんどん生まれてくる。

血行がよくなると、体の隅々に栄養が行きわたるのできれいな肌が生まれる。

頭は頭皮を洗う

シャンプーは髪を洗うものではない。

正しい髪の洗い方は、シャワーで髪をよくぬらすこと。これでかなり汚れが落ちる。

・シャンプーはワンプッシュ・・・お湯で薄めて泡立てる

・頭皮を指の腹で洗う・・・皮脂の多い後頭部から、指の腹でもむように優しく洗う

髪の毛ではなく頭皮を洗うことで、健康でキレイな髪が生えてくる。

頭皮を洗ったシャンプーが髪の毛に触れれば十分で、髪の毛は洗う必要がない。

髪の毛は摩擦に弱いので、巻き込んで洗うと痛むこともある。どうしても気になる場合は、毛先だけ泡で優しくなでる。

シャンプーは皮膚に残るとよくないので、しっかり洗い流す。

トリートメントは髪の内部に浸透、リンスやコンディショナーは髪をコーティングするので、両方つかう場合はトリートメントを先に行う。

体は泡で洗う

タオルでゴシゴシはダメ。体は手をつかって泡で洗う。

皮膚の表面の細胞は自然と剥がれるもの。

タオルでこすると無理にはがすことになり、肌を傷つけてしまう。

理想の泡は、手に乗せても形が崩れない泡。

泡の作り方

ネットとせっけんをよく濡らし、ネットを手のひらで転がすように泡立てる。

泡立ちが悪いときは、少しずつ水を足しながらやってみると良いそう。

体は縦ラインを洗う

泡を手で転がすようにして、胸とおなか、背中は届く範囲、さらに脇と股を泡をつけた手で洗う。

あとはシャワーで流して終わり。

中心は皮脂が多く、基本的に洗うのはこの皮脂の多い縦ラインだけで十分。

脚など気になる人は、同じように泡で泡えばよい。

入浴後はタオルに水分を吸収させる

入浴後も、タオルはゴシゴシと拭くのではなく、肌にあてるようにして水分を吸い取る。

髪の毛もタオルに水分を吸い取らせるようにする。

髪は濡れているときに傷みやすいので、なるべく早くドライヤーで乾かす。

【関連記事】
世界一受けたい授業 11/12 お肌によくない入浴法、手抜き風呂の入り方、入浴前に緑茶を
ごごナマ うるおいボディー 美肌入浴術

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ