ホンマでっか!?TV 顔で人生はどう変わる? モダイオラスを緩め、優しいことを考える?

9月6日の「ホンマでっか!?TV」は、顔で人生は変わるのか?などに関して。

その中から気になった、顔の筋肉を手で緩める方法や、いつも考えていることと自分の顔の関係を確認しておこう。

スポンサーリンク

凝り固まっている顔の筋肉を緩める

歯科医師としての知識を活かした顔を美しくする顔筋ピラティスを2千人以上に施術してきた、デンタル美顔評論家の是枝伸子先生によると、美容整形をしなくても顔を若々しく美しく錯覚させることが可能という。

骨格は生まれもったもので、削ったりしなければ変えることができないが、筋肉はトレーニングやマッサージで大きく変えることができる。

凝り固まっている顔の筋肉を緩めることで、理想に近づく。

顔は、表情筋と骨格筋が複雑に絡み合っていて、その下にエイジングケアの要・モダイオラスがある。

若いときは、上に引っ張る筋肉が強いが、下の筋肉に引っ張られ徐々に垂れ顔になってしまう。

しこりになった凝り固まった筋肉を緩めてあげることで、筋肉が元の位置に戻っていくという。

口の横に指を入れつかんで揺らす

ほうれい線の延長線上に、モダイオラスという筋肉の大きなしこりがある。

それを、口に人差し指と中指を入れたら閉じ、指で口の横をつかんで揺らす。

さらに、口に入れた指はそのまま、親指でほっぺたも刺激しながら、口を揺らす。

血行が良くなって、可動域が広がる。

1日1分ぐらい、お風呂に入ったときや、メイク前にやったりする。

嫌なことばかり考えるとそういう顔になる?

評論家の植木理恵先生によると、自分の中で嫌なことや人の悪口ばかり考えていると、自己内でそういう顔になる。

逆に優しい心を持てば、自然と優しい顔に変化していく。

そういうものが自分に体現されるということが分かってきたという。

現実は同じでも、いいようにとらえる人と悪いようにとらえる人がいるが、やっぱりいい事ばかり考えていたほうが、たのしく幸せでいられそう。幸せだから笑うのではなく笑うから幸せになるという考えかたにも通じそう。

口の端をつかんで筋肉を緩めるのはどうかなとも思うが、以前試してみようと思ってそのままになっている顔ヨガとあわせて風呂の中で今夜から実行してみよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ