ハナタカ!優越館 ダイエットの意外な事実10連発

8月17日の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、『ダイエットの意外な事実10連発!!』が紹介。

スポンサーリンク

運動するなら朝

運動するのに効果的な時間帯は夜より朝。朝のほうが夜に比べると血糖値が低いので、脂肪が燃焼しやすいのだそう。

ダイエットに適しているのは冬

夏は汗のかきやすい季節で、汗をかいた分ダイエットしていると勘違いしてしまう。

汗をかいても脂肪が燃焼しているわけではない。

逆に、冬は気温が下がっているので、体温維持のためエネルギーをどんどん使わないとならない状態。

冬に運動すると、基礎代謝が上がりやすくなるので、冬のほうがダイエットに適している。

同じ量なら、1日5回に分けて食べる

食事の間隔をあければあけるほど、血糖値が上がりやすくなり、太りやすい体質になるという。

分ける場合も、朝からたんぱく質の多い肉や魚を食べるのがおすすめ。

朝からたんぱく汁を摂ることで、基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすい体質になる。

食事の前に入浴

やっぱり夜にがっつり食べたいという人は、食事の前に入浴すると食欲が抑えられる。

お腹がすくのは、内臓に血液が集まり胃が活発になるため。

入浴することで、他へと血がまわり食欲が減ったように感じるという。

白いご飯を食べるなら冷えたご飯

ご飯などの炭水化物を冷やすと、レジスタントスターチという成分が増加し、消化吸収がゆるやかになる。

GI値を気にしたほうがいい

カロリー以外に気にする数字として、GI値が紹介。

GI値(グリセリン・インデックス)は、血糖値の上がりやすさを数値化したもの。

ダイエットには、血糖値を上げないGI値の低い食品がおすすめ。

GI値の低い食べ物の見分けかたのポイントは、加工されていない食材を選ぶこと。

お米であれば白米より玄米、パンであれば全粒粉パンのほうがGI値が低い。

【関連記事】
初耳学 乾燥パスタの材料デュラム小麦は太りにくい

寝るときの部屋は暗くする

明るい部屋で寝たり、睡眠時間が短いと、食欲が増すホルモンが増え太りやすい体質になるという。

失敗する人はモナリザ?

失敗する人の原因として、モナリザ仮説がある。

交感神経の働きが鈍くなり、太りやすい体質になることをモナリザ仮説というそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ