カラダ喜ぶベジらいふ にんじん・かぼちゃ

Eテレ「趣味どきっ!プロの知恵でカラダ喜ぶベジらいふ」

色らいふの2回目は、にんじんとかぼちゃ。

このうち、にんじんについてチェックしておこう。

【関連記事】
カラダ喜ぶベジらいふ トマトのリコピンは加熱・油で吸収率アップ トマトの夏おでん

スポンサーリンク

にんじんのオレンジはβ-カロテン

カロテンはα,βなど4種類あるが、管理栄養士の本多京子先生によると、β-カロテンがビタミンAに最も変わりやすい。

β-カロテンそのものにも抗酸化作用があるが、体内でビタミンAに変化し、目の疲れを癒し、皮膚や粘膜を丈夫にし感染症を予防する。

β-カロテンは熱や油で吸収しやすく

β-カロテンの吸収率は、生で食べると約30%だが、加熱すると約50%、油で調理すると約70%になる。

にんじんと油揚げの卵煮

千葉県成田市のにんじん農家の料理が紹介。その作り方は

(1)皮ごと粗く切ったにんじんに、油揚げと砂糖、しょう油を加えて炒める

(2)卵でとじて出来上がり

にんじんしりしり

プロが作るキャロットのブイヨン煮に続いて、本多先生おすすめの沖縄の郷土料理「にんじんしりしり」が紹介された。

その作り方は

(1)にんじんを細切りする

(2)フライパンにごま油をひき、にんじんを炒める

(3)にんじんがある程度柔らかくなったら、酒とめんつゆを加える

(4)溶き卵を加えて炒めると完成

かぼちゃの淡いオレンジは?

かぼちゃには、α-カロテン、β-カロテン、ルテイン、ゼアキサンチンなどが含まれている。

α-カロテンは、β-カロテンと同じく体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を正常に保ち、免疫力を高める。

ルテインやゼアキサンチンは、目に良い。

若返りのビタミンともよばれるビタミンEも豊富で、抗酸化作用があり、血行をよくする。

かぼちゃとじゃがいものミルフィーユグラタン

プロの料理として紹介された、かぼちゃとじゃがいものグラタンがすごいおいしそうだった。

その作り方は

(1)じゃがいもとかぼちゃを2ミリほどの熱さに切る

(2)ボウルの中に生クリームに入れ、かぼちゃとじゃがいもを加えて生クリームをなじませる

じゃがいもとかぼちゃのでんぷん質を、生クリームに移す。

(3)グラタン皿に、にんにくの切り口をこすりつけ香りをつける

(4)バターを前面に塗る

(5)じゃがいもとかぼちゃを交互に敷き詰める

(6)重ね終えたら、生クリームを満遍なく流し込む

(7)お湯を張ったバットにグラタン皿をおく

(8)160℃に余熱したオーブンに入れる

(9)こんがりした焼き色がつくまで蒸し焼きにしたら完成

じゃがいももかぼちゃも好きではないが、なんかこのグラタンだけは美味しそうなので、忘れないうちに一度試してみよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ