世界一受けたい授業 抜け毛と髪の毛の正しい洗い方

8月5日の「世界一受けたい授業」は、私たちに迫る15の危険スペシャル。

ランキング形式で、特に夏に危険ということが紹介されたが、5位が抜け毛。

山野美容芸術短期大学の秋田留美教授が、正しい髪の毛の洗い方を教えてくれた。

【関連記事】
世界一受けたい授業 夏の睡眠不足に薄手の長袖、トマト
世界一受けたい授業 口腔崩壊と唾液腺マッサージ
世界一受けたい授業 座りすぎに座ったままできる脚の血流改善「こそトレ」

スポンサーリンク

紫外線はキューティクルにも頭皮にもダメージ

髪の毛が夏の強い紫外線を浴びると、キューティクルが痛み剥がれやすくなり、髪の毛の中に含まれるたんぱく質や水分が抜け、髪がやせ細ってしまう。

紫外線は頭皮にも大きなダメージを与え、頭皮が日焼けするとかゆみやフケなどが発生し、抜け毛の原因になる。

帽子や日傘で紫外線から髪の毛を守るのはもちろん、正しく髪の毛を洗うことも非常に大切。

お湯で2分間洗う

正しい髪の毛の洗い方の一つ目は、お湯で2分間髪の毛を洗うこと。

大部分の汚れはこれで落ち、さらにお湯を頭皮に当てることで、頭皮の血行の促進にもなる。

シャンプーは直接頭で泡立てない

正しい髪の毛の洗い方の二つ目は、シャンプーを直接頭で泡立てないこと。

直接頭で泡立てると、髪の毛がこすれて、キューティクルへのダメージになる。

洗顔フォームと同じように、ある程度手で泡立ててから頭につける。

シャワーは頭を上向きにして流す

髪をシャワーで洗うときは、頭を上向きにする。

頭を下向きにすると、髪の毛を後ろから前にもってくることになるので、髪の毛同士の摩擦が増えキューティクルが痛みやすくなる。

上向きで流すのは、摩擦が少ない分、髪の毛を傷めずにすむ。

キューティクルを守るために、髪の毛の摩擦がより少なくなるように洗うのが良いということか?

お湯で2分洗ったり、シャンプーを泡立てたりなど、一度たりともしたことがないが、今晩からさっそく試してみよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ