たけしの家庭の医学 血管の老化にエピガロカテキンガレート豊富な粉末煎茶

7月11日の放送からリニューアルで「名医とつながる!たけしの家庭の医学」となったたけしの家庭の医学。

最初のコーナーは、血管の老化・動脈硬化について。

年齢とともに進んでしまうが、血管に脂肪を蓄積させない動脈硬化ストップ栄養素として、お茶に含まれるエピガロカテキンガレートが紹介。

日本が誇る血管の名医・小田原雅人先生が解説してくれた。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 筋肉増強栄養素ロイシン
たけしの家庭の医学 脳のゴミ出し力を高めて認知症を予防
たけしの家庭の医学 老化のカギを握る?悪玉物質オステオポンチン

スポンサーリンク

お茶のエピガロカテキンガレートは悪玉コレステロールを下げる

お茶には、がんや認知症予防の研究もあるが、最も確実というのが血管への効果。

エピガロカテキンガレートは悪玉コレステロールを下げる働きがある。

悪玉コレステロールは酸化によって血管内に溜まっていくが、お茶に多く含まれるエピガロカテキンガレートが悪玉コレステロールの酸化を防いでくれることがわかってきているという。

お茶の中でも煎茶

このエピガロカテキンガレートはどんなお茶にでも含まれているわけではない。

煎茶、ほうじ茶、玉露、抹茶の中で最も多いのが煎茶。2番目は抹茶。

エピガロカテキンガレートは、お茶に含まれる渋みの一種で、日光をあびればあびるほど増加していく。

そのため煎茶に多く含まれる。

沸騰したお湯で

エピガロカテキンガレートは、お湯の温度が高いほど溶けだしやすい。

渋いお茶ほどカテキンが多い。

緑茶にはカフェインも含まれているので、飲みすぎには注意する。

たとえ熱いお湯でいれたとしても、3割しか抽出されないという。

もっと効率的にとれる方法として、粉末煎茶が紹介。

7割は抽出されないが、粉末茶葉であれば茶葉に残る7割に相当するエピガロカテキンガレートも摂ることができる。

粉末煎茶はよくお寿司やさんのお茶に使われている

粉末煎茶を水に入れてシェイクしたり、焼酎の緑茶ハイ、粉末煎茶入りパウンドケーキ、粉末煎茶スパゲッティなどが紹介された。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ