ゲンキの時間 いい汗とムダ汗の違い 自宅でできる発汗トレーニング 梅醤番茶

7月9日の「健康カプセル!ゲンキの時間」は、汗について。

教えてくれたのは、早稲田大学の永島計先生。

スポンサーリンク

いい汗とムダ汗の違いは?

「玉のような汗」は、汗のかき方があまり上手ではない。

汗は蒸発して身体の熱を奪うことで、初めて体温調節の役に立つ。

汗をかくのが上手な人は、うっすらと満遍なくかくので、短時間で汗が蒸発し体温調整がうまくいく。

部分的に汗腺の機能が低下して汗が出なくなると、正常な汗腺から多く汗が出て大粒になる。

大粒の汗はなかなか蒸発できず、熱を奪うことができない。

玉のような汗は、クールダウン効果の低い見せかけだけのムダ汗という。

違いは普段の運動習慣

いい汗をかけるかムダ汗をかいてしまうかの違いは、普段の運動習慣。

また、ナトリウムは汗を外に運ぶ導管で再吸収され、外にはあまり排出されないが、普段から汗をかいていないと再吸収能力が低下し、体内のナトリウムが多く排出されてしまう。

その結果、つかれやすくなったり、強い疲労感が残ったりする。

汗腺は、1週間に3日、20分程度の運動をすることで復活する。

すっぱい食べ物でも発汗

汗を出す食べ物としては、辛いものが想像されるが、それ以外でも汗の出る食べ物がある。

梅干しは出てしまった塩分を補給できる、一石二鳥の食べ物。

番組では、梅肉エキスが登場。

五味クリニックの五味常明院長によると、辛いものを食べると汗がでることを味覚性発汗というが、辛いもの以外でも味覚性発汗が起こり得る。

平成10年に行われた東京家政大学の実験によると、発汗作用が一番強いのは酸味、次が苦味で、辛味は3番目という結果に。

五味先生によると、汗腺はどのような形でも発汗することで、機能が高まってトレーニングになる。

辛いものが苦手な人は、酸っぱいものでも、トレーニングになる。

汗腺刺激トレーニング

岩盤浴は、赤外線効果で身体の中から全身を温めることができるが、自宅でできる汗腺刺激トレーニングが紹介。

そのやりかたは

・43℃の熱めのお湯を足首程度まで貯め、両手両足を浸ける

指には、熱いものに触れると広がる血管が大量にあり、その広がった血管内の血液が温まり、効率よく全身を温められる。

うっすら汗をかくまで毎日続けると、2週間ほどで効果がでるという。

梅醤番茶のつくりかた

オーブンで焼いた焼き梅干しをつかった、梅醤番茶のつくりかたは

(1)梅干しを3~5分、オーブンで焼く

(2)湯飲みに、焼き梅干しを一つ入れ、お好みでしょうがと醤油を入れる

(3)熱い番茶を注ぐと完成

【関連記事】
小梅を使ったさしすカリカリ梅干しの作り方・梅干しのだ液パワー – ごごナマ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ