きょうの健康 夏の紫外線・熱中症対策 熱中症にご用心

NHKきょうの健康「夏の紫外線・熱中症対策 熱中症にご用心」で、熱中症の症状や予防・応急手当などについて対策が紹介された。

解説してくれたのは、帝京大学の三宅康史教授。

スポンサーリンク

熱中症の症状

どんな症状だったら熱中症を疑うべきなのか?

初期症状としては、めまい、立ちくらみ、気分が悪い、筋肉がつるなど。

重症化してくると、頭痛、吐き気、体がだるいなどの症状が現れる。

最後には、意識障害、けいれん、ひきつけ、肝臓・腎臓の機能障害、血液の凝固異常なども起こる。

初期の症状を見逃さないのが大事だが、これらの初期の症状は夏風邪や疲れや飲みすぎなどと間違えやすい。

他の病気と間違える危険性があるので、特に周りの人が気がついてあげることが大切とのこと。

熱中症の原因

初期症状の原因は、脳を含めた臓器や筋肉の血流の低下による。

体内で発生した熱は血液によって末梢の血管へ運ばれ、外気によって冷やされる。

暑くなると末梢の血管は自律神経の働きで拡張し、末梢の血管に血液が集まり血流が増加し、熱を多く排出するようになる。

末梢の血管に血液が集まるため、脳や内臓・筋肉などの血流が減少し、そのため、めまいやたちくらみなどの症状が起こる。

頭痛などの症状は、血流低下に加え、体の内部温度が上昇することによって起こる。

本来、体の内部の温度は37℃付近で厳密にコントロールされているが、暑い環境にいると臓器の血流低下と同時に体の内部温度が少しずつ上昇し、熱に伴う脳の意識障害などが出てきたりする。

熱中症の予防

・脱水対策

水分や、汗によって失われる塩分を補給することが非常に重要。水分・塩分は24時間常に失われているので、定期的に十分な量を補う。

高齢者で食欲が落ちた時には、水分や塩分の補給がままならなくなるので、そういう場合は経口補水液を少量ずつ頻回に飲む。

・体の内部の温度を上げない工夫

日中の熱い時間の外出を避け、外出する場合は休憩時間を作って体をしっかり冷やす。

・室内でも注意が必要

熱中症の4割は屋内で起こっている。

【関連サイト】
環境省 熱中症予防情報サイト

熱中症の応急処置

意識がない場合は救急車を呼ぶ。

ポイントは、何分で救急車が到着するか確認すること。

10分以内で来てくれるなら、その場で応急処置をし救急車を待つ。10分以上かかるなら、周囲の人を呼んで屋外では日陰、室内であればクーラーの効いた涼しい場所へ移動させる。

男性であればネクタイやベルトをゆるめて、風通しを良くする。

続いて、市販のペットボトルを買ってきてタオルで巻き、首すじ、脇の下、太ももの付け根を直接冷やす。

太い静脈が体の表面近くを通っていて、効果的に体を冷やすことが可能になる。

次のポイントは、コップなどで自分で水が飲めるかどうか。

飲めれば、意識がしっかりしていることが確認でき、冷たい水が体に入り始めることで体の冷却・脱水の応急処置が始まることになる。

他人が無理に飲ませようとすると、気管に水が入って窒息してしまう危険がある。

水が飲めなかったり、良くならない場合は、医療機関へ運ぶ。

この後、医療機関での治療法などが紹介された。

経口補水液ってまずいというイメージがあるけど、小分けして飲めるように買ってきておいたほうが良さそう。

【関連記事】
世界一受けたい授業 熱中症原因ランキング 熱中症予防ドリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ