WBS リカバリーウエアはプロスポーツ選手から、ビジネスマンや主婦にも

6月21日のテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」で、疲労が回復したり、よく眠れる効果が期待できるという「リカバリーウエア」が紹介された。

プロスポーツ選手だけでなく、ビジネスマンなどにも人気が広がってきているという。

スポンサーリンク

アンダーアーマーのアスリートリカバリースリープウエア

アンダーアーマーの店頭でこの日から並んだアスリートリカバリースリープウエア「UA TB12」は、アスリートが睡眠時に着用することを目的にアメリカンフットボールのトップスター、ブレイディ選手とアンダーアーマーが共同開発したもの。

裏地にプリントされたバイオセラミック粒子が、人の体温を吸収し、遠赤外線を出すことで体を暖めるという。

睡眠時に低下する体温を一定に保つことで、疲労回復を促す効果を狙っている。

はじめはひんやりするが、徐々に体が暖まるそう。

高機能の服は、もはやアスリートのものだけでないという。

VENEXは腹巻きタイプも

アンダーアーマーに先駆けリカバリーウエアを2009年から扱っているのが、VENEX。

最初はアスリートに注目されたリカバリーウエアだが、余り運動しないビジネスマンや主婦の間で人気が高まっているという。

眠れなくて悩んでいたり、疲れが取れないという人たちが購入していく。

今年発売されたボディコンフォートという腹巻きタイプは、夏でも快適に使える涼感メッシュ生地を採用。羽織ったり、毛布のように使える一枚布タイプも。

筋肉を弛緩するプラチナ入りの糸

VENEXのウエアを作る糸の中には、プラチナなどの鉱物が塗りこまれていて、ここから発生する微弱な電気が副交感神経を刺激し筋肉を弛緩させる効果があるという。

筋肉が柔らかくなることで、体のなかの血液が濃く速く流れることにつながるとも。

ビジネスマンが出張の移動の飛行機や新幹線、バスの中で、リカバリーウエアを使用するケースも出てきている。

この秋からは、ドラッグストアでも買えるようになるというが、1着買うだけでも万単位になるのでちょっと手が出ないなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ