世界一受けたい授業 脂肪のサビ落としにウォーキングとせん茶

体のなかの脂肪が、ストレスや生活習慣の乱れなどによって、まるで古くなった油のようにドロドロに酸化してしまうという。

痩せていても、子どもでも、脂肪がサビてしまう可能性があるという。

6月10日の「世界一受けたい授業」で、九州大学の大和真由実先生が、脂肪のサビチェック方法やサビ落とし法を教えてくれた。

【関連記事】
世界一受けたい授業 今からできるカビ対策 風呂場から栄養・温度・湿気を取る

スポンサーリンク

脂肪のサビチェック

枕についた臭いで、脂肪のサビがわかる。

サビた脂肪は独特な臭いがある。

実際に臭いを嗅いでみたIKKOさんは「油を何回も使いまわしたような」、有田哲平さんは「古い押入れの臭い」とコメント。

自分の臭いはわかりにくいので、家族に嗅いでもらうか、起きたばかりの枕の臭いを嗅いでみる。

血液中の酸化物の濃度を測ることで、より正確に脂肪のサビ状態がわかる。

脂肪のさび落としウォーキング

話ができるくらいの速度でウォーキングを行う。

ポイントは腹式呼吸を行うこと。おなかに手をあてて確認しながら行うとわかりやすい。

こうすることで、活性酸素の生成を抑制して、サビに対する抵抗力がアップする。

脂肪のさびを落とすせん茶

脂肪のサビを落としてくれる栄養素はビタミンE。

ビタミンEは油に溶けやすく、脂肪のサビを効果的に落としてくれる。

そのビタミンEが含まれる食材の中でも、断トツの1位がせん茶。

せん茶の栄養を効果的に摂るには、そのまま食べることという。

具体的なメニューが2つ紹介された。

茶ノベーゼ

ジェノベーゼパスタのバジルの代わりに茶葉をふんだんに使った「茶ノベーゼ」

材料は、パスタ、オリーブオイル、ひまわり油、アーモンド、ベーコン、にんにく、せん茶、粉チーズ。

通常のジェノベーゼでは松の実などを入れるが、ビタミンEが豊富なアーモンドを使用。

せん茶に次いでビタミンEの多いひまわり油も使う。

作り方は

(1)材料をミキサーにかけ、茶葉ソースを作る

(2)あとは、ゆでたパスタとまぜるだけ

茶ぶ茶ぶ

もう一品は、お茶でさっぱり食べられるしゃぶしゃぶ「茶ぶ茶ぶ」

(1)鍋にたっぷりと茶葉を入れる

(2)あとは、好きな具材をしゃぶしゃぶするだけ

茶葉と一緒に食べるのがポイント。

ポン酢に茶殻を入れたお茶ポン酢、アーモンドを入れたゴマダレで食べる。

魚の脂に含まれるEPAやDHAもサビ落としに効果的なので、ブリを使った茶ぶ茶ぶもおすすめという。

【関連記事】
みんなの家庭の医学 2/14 脂肪のサビにビタミンE べに花油をつかったアボカドフローズン、サツマイモキャラメルなど

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・世界一受けたい授業 脂肪のサビ落としにウォーキングとせん茶 […]