ソレダメ 睡眠不足解消の新常識 夜中に目覚めても時計を見ない

日本人の3割は不眠症の疑いがあり、自分では気づかなくても実は睡眠不足の人も多いという。

6月7日の「ソレダメ!」で、ベストセラー『睡眠の法則』の著者菅原洋平先生が睡眠不足を解消する4つの方法を教えてくれた。

【関連記事】
ソレダメ!むくみ解消!カンタン太極拳体操「弓を引くポーズ」「馬のたてがみを撫でるポーズ」
ソレダメ!卵かけご飯 カンタンに自宅でできるハチミツ醤油卵かけご飯など

スポンサーリンク

夜中に目が覚めても時計をみない

夜中に時計を確認すると、脳がその時刻に起きるものだと認識してしまい、その時刻に起きるものだと記憶してしまう。

これが夜中に目がさめてしまうことが習慣化する原因。

目が覚めても時計を見ないことで、悪循環を防ぐことができるという。

昼間シャキっとするには1分だけ目を閉じる

昼間シャキッとするには、眠くなる前に座ったまま1分間だけ目を閉じる。

たった1分間目を閉じるだけでも、脳はきちんと休息できる。

目を閉じる1番いいタイミングは、起きた後の6時間後あたり。

人の身体は、起床時間からおよそ8時間後に眠くなるようにできている。

その2時間前に1分間だけ目を閉じれば、脳が休まりリフレッシュされ、眠気はおさまるという。

夕方になったらを深部体温を上げる

寝つきをよくするには、夕方になったら深部体温を上げる。

眠りにとって大切なのは、身体の深部体温。

深部体温は体温計で測る体の表面の体温ではなく、内臓の体温。

夕方から夜にかけて深部体温は下がっていき、ピーク時との温度差が大きいほど寝つきが良くなる。

夕方に運動して深部体温を上げ、寝るまでの温度差を大きくすることで、寝つきがよくなる。

深部体温を上げるかんたん体操

そのやりかたは

(1)イスにすわり、肩を上にひっぱり下におろす

このとき、お尻の穴を締めるのがポイント。

お尻の穴を締めながら肩をゆっくり上げ下げすることで、骨盤まわりの筋肉を刺激。

身体を大きく動かさなくても、座ったままたった5分で深部体温が上がり寝つきがよくなるという。

お風呂は電気を消して入る

お風呂に入っているときは、意外とそばに強い光(照明)がある。

強い光が脳に届くと、眠るホルモンのメラトニンが減らされてしまう。

脳は目覚めてしまう。

家の中でも、お風呂場の照明が顔に近い。

真っ暗にする必要はないので、風呂場の明かりを消し脱衣所の明かりをつけてお風呂に入るのが、菅原先生におすすめ。

6時間後に1分目を閉じるというのが一番簡単そうだが、夜中に目がさめても時刻は確認しないようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・ソレダメ 睡眠不足解消の新常識 夜中に目覚めても時計を見ない […]