BSコンシェルジュ 漢方のおいしいダイエット!?

6月2日のNHK「BSコンシェルジュ」は、8日放送予定の「美と若さの新常識 漢方のおいしいダイエット!?」について。

漢方に限らず自分を知ることが大切ではあり、詳しい内容は次週を待てということではあるが、それまでの予習もかねてチェックしておこう。

ゲストは中学生のときに95キロあり、父・高橋英樹さんのズボンが入らなかったという、フリーアナウンサーの高橋真麻さん。

スポンサーリンク

これまでの美と若さの新常識から

美肌菌を増やすには、寝る前に軽い運動で汗をかいて、その汗を顔全体に薄くのばす。

汗によって、眠っている間に美肌菌が増えやすい環境を作るのだという。

臭いの元である皮脂の多いのは、額・首・耳の裏・胸・背中の5か所。

ナイロンタオルでゴシゴシ洗うと皮脂細胞の防御反応が働き、かえって皮脂が放出される。

泡であらうのがベストだが、強めのシャワーでも勢いよく肌の近くから気になる場所に30秒かけると良いという。

漢方でダイエットは体質アンケートから

日本薬科大学の丁宗鐵学長によると、自分の体質をあらかじめよく把握してダイエットを始めないと、単なるお金と時間の無駄遣いになるという。

まず、体質、肌の色つや声の出方、疲労感、食欲など、自分の体質を知るためのアンケートにより、代謝が良いタイプと悪いタイプに分類。

体を温める食材

かぼちゃ、にら、ねぎ、にんにく、しょうが、鶏肉、まぐろ、紅茶など。

体を冷やす食材

なす、トマト、きゅうり、もやし、ゴーヤー、昆布、バター、かに、緑茶など。

真麻さんは、しょうがを7個くらい大量買いして、しょうがのスープや、キャベツとひき肉としょうがの炒め物などを作ったとのこと。

代謝が悪いタイプの人は、体を温める食材を多く摂り体質を改善することで、ダイエットがしやすくなる。

次週6月8日の番組では、五食のやさいあんかけ豆腐ハンバーグや、しそとあじのみそ焼き、黒豆ごはん鶏肉カレーなどの料理も紹介。

しそとあじのみそ焼きが、簡単そうだけど、意外とおいしいかも。

ダイエットは切実かもしれないが、それより体質を把握することのほうが重要なので、体質アンケートだけでもやってみるのが良さそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ