みんなの家庭の医学 認知機能・脚の筋肉低下を予防するビタミンDを豊富に含む鮭

5月16日の「たけしの健康エンターテインメント みんなの家庭の医学」で、健康寿命を延ばすために、

認知機能と脚の筋肉の低下予防の両方に、ビタミンDが関係していることがわかってきた。

老化研究の第一人者でビタミンDのエキスパートでもあるという、山王メディカルセンター女性医療センター長の太田博明先生が、解説してくれた。

高血糖ストップ遺伝子「サーチュイン遺伝子」

スポンサーリンク

ビタミンDとは

ビタミンDは4番目に発見されたビタミン。

今までは骨の健康に欠かせない栄養素と言われていたが、近年の研究で様々な作用があることがわかってきた。

紫外線を浴びると肌で作られるが、医学的には食べ物からの摂取が重要視されている。

あん肝、しらす干し、いわし丸干しといった魚介類や、きくらげ、ほししいたけ、まいたけと言ったキノコ類に多く含まれている。

ビタミンDは衰えた細胞を修復する

私たちの体には約60兆個の細胞があり、加齢などの影響でいろんなダメージを受けて細胞がどんどん衰えていくが、ビタミンDはこれを修復し、さらに保護する作用を持つ。

脳の神経細胞や筋肉の細胞は修復されにくいが、ビタミンDなら可能と期待されている。

健康効果が期待できるビタミンD濃度の人は1%未満

健康効果が期待できる血中のビタミンD濃度は30ng/mLで、この数値に達している人は1パーセントにも満たない。

これに対し、太田先生が「ビタミンDたっぷりタウン」と呼ぶ新潟県村上市の鮭好きの人たちは34名中7名、約20パーセントという驚きの数字を示した。

鮭のビタミンDの量は、鮭の切り身1切れで、ビタミンDが豊富な干ししいたけの約40個分に相当する。

ビタミンDは脂溶性なので、鮭の身の部分よりも皮の部分に豊富に含まれる。

まだ細胞レベルではあるが、がんへの効果も期待されるビタミンD。

あまりにありふれた食材である鮭は、これまであまりありがたみを感じなかったが、皮も食べられるような食べ方でもっと食べよう。

関連記事

ごごナマ 5/12 骨が強くなる食事、カルシウム・ビタミンD・ビタミンK
ガッテン!ビタミンDが足りないとカルシウム濃度が保てない

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ