チョイス 大腸がん予防は生活習慣見直し、早期発見は便潜血検査

Eテレ「チョイス」で、大腸がんが取り上げられた。

大腸がんは、日本人がかかるがんの中で最も多いが、早く見つければほとんど治すことができる。

早期発見には健康診断の便潜血検査があり、予防には生活習慣を見直すことが大事。

解説してくれたのは、がん研有明病院の小西毅先生。

スポンサーリンク

早期がんとは

大腸は内側から外側に向かって、粘膜や筋肉、しょう膜と呼ばれる薄い膜などが重なっている。

がんは、まず粘膜にでき、一番外側のしょう膜に向かって深く潜っていく。

粘膜や粘膜の下の層にとどまっているがんを早期がんという。

それに対し、進行して筋肉やしょう膜まで深く潜ったがんが進行がん。

早期がんで見つかれば、カメラがついた管を肛門からいれる内視鏡治療で治せ、5年生存率も100パーセントに近い。

早期発見には便潜血検査

便潜血検査とは、便に血液が付着しているかどうかをみることで、大腸がんの可能性を調べる検査。

がんがあると、便が通過するときにこすれて、ごく少量出血することがある。

この微量の血液の成分があるかどうかを調べる。

便が血液に触れずに通過する可能性もあるので、2日分の便を採取する。

健康診断のときに、あらかじめ2日間に分けて便を採ったら、それが便潜血検査と思ってよいはず。

これで陽性反応が出ると、大腸がんの可能性は2~4%。内視鏡検査などの精密検査をする。

予防

予防に関しては、当たり前だがなかなかできないことが列挙。

運動、食物繊維、肥満、節酒、禁煙。

普段運動したり肉体労働をしている人の大腸がんリスクは3割低い。

食物繊維の摂取量が少ないと、大腸がんリスクが上がる。

日帰り手術が保険適用か確認しておく

テレビでは内視鏡検査は3割負担で6千円ほどと紹介されていたが、7~8年前くらいに私が実際に検査を受けたときはポリープを切り取ったので日帰り手術になり2万円くらいかかった。

日帰り手術には一銭もでない保険だったので、結構金銭的にうーむという感じだった。

普段から運動と食物繊維の多い食事を心がけ、健康診断で便潜血検査も受けるというのがまず第1歩かな。

番組でも触れてはいたが、便潜血検査では便ががんに触れずにすり抜ける可能性もあるので、任意保険の日帰り手術項目を確認の上、大腸内視鏡検査を受けるほうがよいだろうが。

【関連記事】
ガッテン!10/25 大腸内視鏡検査後「せんしゅ先生」と尋ねる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ