ヒルナンデス!5/11 キウイを朝食べるのは光老化対策に良くない?

肌の老化の原因の約80パーセントを占めるのは、太陽の光による光老化で、光老化対策のために外出前の食事が大切という。

小島瑠璃子さん、小倉優子さん、水卜麻美アナと、YOKKOさんことナチュラルビューティの横山裕さんの朝食が、美肌に良いかどうか採点された。

良さそうと思っていた食材のなかに、光老化を進行させる恐れのあるNGなものがあった。

解説してくれたのは、銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子院長。

スポンサーリンク

太陽光を浴びるのはわずかでよい

慶田先生によると、1日に必要なビタミンDを作るには、全身を隠し手のひらだけを5~15分太陽光にあてるだけで十分。

ヨーグルトアーモンド95点

ヨーグルトは80点。タンパク質が豊富で肌にうるおいを与える。アーモンドをのせることでプラス15点。

チョコデニッシュ60点 コーヒー70点

チョコレートやコーヒーには、抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富で、朝食べるのに良い組み合わせ。

キウイフルーツは危険?

キウイフルーツはビタミンCを多く摂れる反面、紫外線の害を受けやすくするソラレンという物質を多く含んでいる。

夜なら良いが、朝食べるのは肌のためにならないという。

キウイフルーツのほかに、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、ブロッコリーの茎、パセリ、パクチー、キュウリ、セロリがソラレンを多く含むという。

体に良さそうな食材がズラリ(だが、夜も食べないなぁ)。

慶田先生は、日焼け止めを塗って日傘を刺していればまず大丈夫とも。

もずく酢75点

もずくは、おなかの中をきれいにしてくれる。

一番初めに海藻類を食べるのは、太りにくくするためにも大事。

トマトソースオムレツ95点

オムレツは80点。卵にはビタミンEと良質なタンパク質が豊富。リコピン豊富なトマトソースでプラス15点。

ブルーベリーヨーグルト95点

ブルーベリーには、抗酸化作用の高いアントシアニンが豊富。

おかゆしらす80点

低カロリーのおかゆが65点、しらすをのせて15点プラス。

ゴーヤチャンプルー95点

ゴーヤは抗酸化作用の高いビタミンCとβカロテンがたっぷり。

加熱してもビタミンが壊れにくく、光老化対策にぴったりな食材だという。

他にも、パプリカ、ピーマン、オクラなどが慶田先生のおすすめ。

雑穀米80点

肌の生まれ変わりをサポートするビタミンB群や、光老化対策に役立つビタミンEもたっぷり。

納豆、豆腐85点

美肌に役立つ大豆イソフラボンが豊富。

魚味噌焼き鮭90点

酒のオレンジ色は、抗酸化作用の高い証。

アスタキサンチンがたっぷり含まれて、美肌食材の代表格という。

ナスのおろし和え90点

ナスの紫色の部分にポリフェノールがたっぷり。

素揚げしてあるので吸収しやすく、大根おろしでさらにヘルシーになる。

ベーコン70点

ビタミンB1、タンパク質たっぷりのベーコンは、活力を出したい朝にぴったりの食材。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ