ソレダメ!4/19 Dr.加藤の脳貯金トレーニング「二刀流書き写しトレーニング」

人の名前を忘れたり、物を置いた場所を忘れたり、何をしていたのか忘れてしまったりするのは脳が衰えているサイン。

4月19日の「ソレダメ!」で、簡単に脳が鍛えられる脳トレ・Dr.加藤の脳貯金トレーニングがまたまた紹介。

超ハイテンションな加藤俊徳先生、今回教えてくれたのは、二刀流書き写しトレーニングと間違い探しトレーニング。

大人は歯周病ケアのやわらかめの歯ブラシで、起きたらすぐ歯を磨き、窓際に立てかける
ギャル曽根の餃子の皮を使った大福・緑茶deわらび餅

スポンサーリンク

二刀流書き写しトレーニング

太さの違うペンを両手にモチ、同時に文字を書くトレーニング。

(1)利き手に太いペン、反対の手に細いペンを持って、同時に自分の名前をはやくキレイに書く

止め跳ねも正確に書く。

全体のバランスを取りながら書いていくのが重要という。

太さの違うペンで同時に両手で書くので書きづらくなるが、この動きが指先に指示を出す「思考脳」とそれを正確に動かす「運動脳」の2つが同時に鍛えられる。

また、両手を使うことで、右脳と左脳を両方鍛えられる。

もう一つの間違い探しは、2つの絵を見比べて違っている部分を探すというもの。

遠くから見たほうが「記憶脳」が働いて比較しやすいというので、本屋さんなどで立ち読みで試してみるのもありかな?

二刀流書き写しトレーニングは、番組では大きなボードのようなところに書いていたので、普通の紙に書くような場合は想像以上に難しいと思う。

ただ、脳トレは能書きはどうでもよく、うまくいかなくてもやってみることに価値があるので、まず名前でトライしてみよう。

【関連記事】
ソレダメ!1/11 ドクター加藤の脳貯金トレーニング グーパー体操、さかさ読みトレーニングなど
ソレダメ!3/8 Dr.加藤の脳貯金トレーニング ひらがな計算クイズ、記憶引き出しトレーニング、新聞折りトレーニング
その原因、Xにつき!3/17 心の老化度チェック 心の老化を防ぐ新聞足たたみ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・Dr.加藤の脳貯金トレーニング「二刀流書き写しトレーニング」 […]