ソレダメ!3/8 Dr.加藤の脳貯金トレーニング ひらがな計算クイズ、記憶引き出しトレーニング、新聞折りトレーニング

脳の老化が始まるのは30代から。

その原因は、同じサイクルで生活をし続けるマンネリ化にあるという。

3月8日の「ソレダメ!」で、簡単に鍛えられる脳トレ・Dr.加藤の脳貯金トレーニングが紹介された。

スポンサーリンク

脳貯金とは?

脳貯金とは、脳細胞を増やし貯金をしようというもの。

脳のスペシャリスト・加藤俊徳先生が、ひらがな計算クイズ、記憶引き出しトレーニング、新聞折りトレーニングの3つの脳貯金トレーニングを教えてくれた。

ひらがな計算クイズ

ひらがなで書かれた計算を、頭の中で計算する。

ポイントは、絶対に声に出さずに計算すること。口も動かさずに行う。

このトレーニングは、文字を見る映像脳と、それを数字に変換して計算する理解脳の2つが同時に鍛えられる。

番組では、次の2問が出題。制限時間はそれぞれ10秒。

(1)よんかけるにたすろく
(2)じゅうにわるろくかけるに

正解・不正解は関係なく、考えることが大事と、加藤先生。

スポンサーリンク

記憶引き出しトレーニング

1枚のイラストを見て細部まで覚え、そのあとそのイラストに関する問題に答える。

細部まで見渡す視覚能、それを正しく記憶する記憶脳を同時に鍛えられる。

公園の様子のイラストをみて問題が3問出されたが、一問もできず。

増田貴久さんと同じで、おかあさんが押していたベビーカーに乗っているこどもの服の色なら答えられたが・・・。

普段から自分が見たいものしか見ないようになっているので、満遍なく見る習慣をつけるとマンネリ度が解消されるという。

新聞折りトレーニング

現代人は座って仕事をして下半身をほとんど使わないが、これが脳の衰えにつながってくるという。

新聞紙1枚とゴミ箱を用意し、裸足になる。

新聞紙を広げたら、足だけで四つ折りにしていく。

できるだけ正確に角をあわせて、両足をつかっておこなうのがポイント。

四つ折りにしたら、足だけでゴミ箱に入れる。

足を手のように使うので、運動脳と思考能を刺激するという。

新聞折りトレーニングなら、新聞さえあれば毎日でもできるが、最初は番組中の徳光和夫さんのようにこむら返りしそう。

【関連記事】
ソレダメ!1/11 ドクター加藤の脳貯金トレーニング
ソレダメ!4/19 Dr.加藤の脳貯金トレーニング「二刀流書き写しトレーニング」
その原因、Xにつき!3/17 心の老化度チェック 心の老化を防ぐ新聞足たたみ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ