その原因、Xにあり!3/3 気象病予防に「くるくる耳マッサージ」

雨が降るとひざが痛む、天気が悪くなると頭が痛くなったりする気象病。その患者数は推定1000万人以上という。

3月3日の「その原因、Xにあり!」で、天気が悪いと起こる気象病の対処法と予防法が紹介された。

解説してくれたのは、愛知医科大学の佐藤純医師。

【関連記事】
その原因、Xにあり!ジェットコースター血糖による睡眠トラブルにリンゴ酢
その原因、Xにあり!垂れまぶたによる肩こりに、おでこから始める肩こり改善マッサージ
その原因、Xにあり!こむら返り予防に寝る前の「壁押し」

スポンサーリンク

気象病は特に春先に多い

気象病とは天気の崩れが原因で体調不良を起こす病気で、季節の変わり目の特に春先に起こりやすい。

異常気象や大型台風の頻発で発症することもある。

その症状は、頭痛、めまい、肩こり、関節痛、神経痛、腰痛、古傷の痛みなど。

気象病の原因は敏感耳に

耳の中にある内耳が過敏に働き、少しの気圧の変化でも必要以上に反応してしまうため、体調不良を起こしてしまう。

内耳は気圧の変化を感知して脳に伝える役割を担っている。

気圧が下がると、外からの体への圧が弱まり体は膨張してしまう。それを防ぐために、内耳は気圧が下がったことを素早く感知し脳に伝え、脳は体を収縮するよう全身に指令を出し、気圧に対して体のバランスを保っている。

敏感耳の人は、内耳が気圧の変化に過敏に反応し、脳が過剰に体を収縮するよう指令を出してしまう。

例えば、肩こり・腰痛は、膨張した筋肉を過剰に収縮させるときに起こる痛みだという。

また、過剰な収縮でけいれんを起こした血管が神経に触れると、神経痛や関節痛になるという。

スポンサーリンク

気象病は手で耳を覆って温める

気象病の人は、耳の血行が悪いことが多い。

手で耳を覆う「耳当て」によって、耳を温めることが有効な場合が多い。

違和感があるほうの耳を手で覆う。

カンタンに行えて効果的なため、ピーチの客室乗務員の間で受け継がれいるという。

気象病予防法「くるくる耳マッサージ」

やりかたは

(1)耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る

(2)軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわす

(3)耳を包むように折り曲げ5秒間キープ

(4)最後に、耳全体を手の平で覆い、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回まわす

これらを、朝・昼・晩の3回、痛みの出ない程度の力で行う。

気象病歴30年というゲストの雛形あきこさんが試してみたところ、5日目には薬を飲まなくても仕事ができるまで改善したという。

「天気が悪いと・・・」とお悩みのかたは、一週間ほどでも試してみてはいかが?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] ・その原因、Xにあり!3/3 気象病予防に「くるくる耳マッサージ」 ・その原因、Xにあり!3/3 […]

  2. […] ・その原因、Xにあり!3/3 気象病予防に「くるくる耳マッサージ」 ・その原因、Xにあり!3/3 […]