みんなの家庭の医学 2/14 老化ストップホルモン・グレリン 間食をやめ空腹を意識する

2月14日の「みんなの家庭の医学」は、老化ストップホルモンについて。

人間の身体の中には様々なホルモンがある。副腎から分泌されるアドレナリンや、腸や脳から分泌されるセロトニン、腸内細菌が作ってくれる短鎖脂肪酸もホルモンなのだそう。

今回特集される老化ストップホルモンの差は、見た目だけでなく身体の中から若さを保つという。

解説してくれたのは、慶応大学医学の伊藤裕先生。

【関連記事】
みんなの家庭の医学 2/14 脂肪のサビ べに花油をつかったアボカドフローズン、サツマイモキャラメル、カボチャチョコ

スポンサーリンク

そもそも老化とは?

細胞は酸素を使ってエネルギーを作り出し日々体を動かしているが、年齢を重ねていくと酸素をしっかり使えず効率が低下し、身体を動かすことすら難儀になってくる。

老化ストップホルモン・グレリン

老化ストップホルモンのグレリンは、1999年に日本で発見されたホルモン。

臓器を若々しくするというこのグレリンは、体内で簡単に作ることができる。

グレリンを出すポイントは「おなかの虫」

グレリンは、胃から分泌されるホルモン。

胃の空腹状態がピークのとくにグレリンもピークになるという。

おなかの虫のグ~ッという音がなるほど、グレリンがたくさん出ていると考えられる。

間食ばかりではグレリンは分泌されない。おなかの音が鳴るほどお腹を空かせてから食事を摂ることで、グレリンがしっかり分泌される。

空腹を意識することで細胞の老化をストップできるという。

【関連記事】
初耳学 泣ける映画をみると太るのは、食欲増進ホルモン・グレリンが分泌されるから

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ